中古住宅 注文住宅

キッチン?間取り?陽当たり?理想の家を建てるには、優先順位と予算のバランスが大事。

更新日:

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s

一戸建て家づくりに「完璧」はない!

パーフェクトベビー症候群というのは、子ども欲しいと願っている夫婦が、長い期間と様々な苦労を経て、やっと子どもを授かった時に、「これだけの時間と労苦を味わったのだから、うちの子は完璧な赤ちゃんに違いない」と生まれてくる子どもに過度の期待や願望を持ってしまう症状のことを言います。

 

それと同じとは言いませんが、家づくりも長い時間と様々な労苦を味わいながら完成させるもの。産みの苦しみという点では、共通する部分はあるかも知れません。

 

しかも住宅を購入するには莫大なお金が必要になる訳で、気合が入るのも当然です。

すると「完璧な家をつくらなければならない!」と気持ちが高まり、予算をオーバーしてしまったり、いらない機能を付けてしまったりすることがよくあります。

 

これを「パーフェクトホーム症候群」と僕は名づけました。

 

しかし、「理想をすべて叶えた完璧な家」を建てるのは、なかなか難しいミッションです。

大きいのはやはり予算の問題

「理想的な完璧な家」をなかなか作れない最大の理由は、やはり予算でしょう。

金に糸目をつけないということであれば、あらゆる希望のスペック、設備、間取り、部材を網羅した完璧な家が出来るかも知れませんが、おそらくアラブの石油王でもない限り難しいと思います。

 

おそらく、このブログの読者にアラブの石油王はいないと思いますので、おそらく一戸建てを建てる予算とすれば諸経費も合わせて2500万円〜4000万円くらい、というのが相場ではないでしょうか?

もし本体価格1000万円台で家を建てたいと思うなら、諸経費も込みで2500万円以内にはおさめなければいけません。

 

本体価格1000万円、諸経費含めても2500万円以内で家を建てたとして、自分たちの理想を叶える完璧な家は難しいかも知れませんが、「理想的な住みやすい快適な家」は可能かも知れません。

実際に、本体価格1000万円台で自分たちの理想とする素敵な家を建てた先輩が存在します。

その事例を見たい場合は、まずこちらの記事をどうぞ。

「注文住宅」の実例に学ぶ1000万円台で理想の家を建てる方法

「注文住宅」の実例に学ぶ1000万円台で理想の家を建てる方法

理想の家を建てるには予算を元に「優先順位」を決める

家を建てる予算には限りがあります。

ローンで返済能力以上のお金を借りることも、貯金を全部使い果たすことも、やってはいけません。

家を建てた後の生活のこともしっかりと考えて、資金計画を建てる必要があります。

「我が家を建てるには、予算はこれだけ!」と決めたら、その範囲内で出来ることを考えるのがベストです。

そのためには「自分たちの理想の家に必要なもの」の「優先順位」をつけましょう。

我が家は何が欲しいのか?家族みんなで考えよう!

人それぞれ、家に求めるものは異なります。

例えば家族構成。

夫婦だけで住むのであれば、使い勝手の良い平屋で、歳をとっても階段を使わずに生活できる空間が欲しいという場合もあるでしょう。

また大家族であれば、トイレが複数あったり、全員でご飯が食べられる大きなリビングダイニングがあった方が良いと思うかも知れません。

 

また、これから家を買おうという若い世代の場合、まだ子供が小さかったり、家を買った後も出産の予定がある家族も多いことでしょう。

そういった場合は、子供の成長や家族が増えることも考慮に入れて、間取りや機能を考えた方が無難です。

一戸建て購入の実例:優先順位・我が家の場合

我が家も、息子が1歳になる頃に一戸建てを購入しましたが、優先的に欲しいもの、機能としては以下のものがありました。

  1. 対面キッチンでダイニング、リビングまで見渡せる
  2. 広い庭(車が3台以上おける広さ+フリースペース)
  3. 広いバルコニー(少なくとも二部屋から出入り可能)
  4. 将来、間仕切りができる子供部屋スペース
  5. たくさんの収納
  6. シューズクローク
  7. ウッドデッキ
  8. サンルーム

対面キッチンは妻の希望。

キッチンで仕事をしながら、リビングで遊ぶ子どもがしっかり視界に入るようにとのことです。

 

私は車がないと生活ができない地方都市に住んでいますので、広い駐車場は必須。

少なくとも、家族3〜4人が一台ずつ車を持てるくらいの広さが必要でした。

 

洗濯物や布団を干すことを考えると、バルコニーは広いほうが良いと思いました。

また、複数の部屋から出入りできた方が利便性は明らかに高いです。

 

子供は二人くらい欲しいと思っていましたが、今、1歳半の息子が自分の部屋を持つまでには数年かかります。それまでは一つの部屋として使い、子どもの成長に合わせて簡単なリフォームで部屋を増やせる仕様にしたいと思っていました。

 

収納は大いに越したことはありません。ウォークインクローゼットがあるかないかで、一戸建ての収納力は変わってくると思います。

シューズクロークについても収納の広さと利便性を考えた上であったらいいなと考えていました。

 

ウッドデッキとサンルームは限りなく趣味に近い部分。

ウッドデッキがあれば毎週末のバーベキューが楽しくなるだろうし、サンルームがあれば洗濯物を干したり、子どもとプールに入ったりと楽しいだろうなあと妄想を膨らませていました。

結果的に希望は叶ったのか?

我が家は、一戸建て注文住宅の建設を計画していましたが、どうしても土地が見つからず頓挫していたところに「超優良中古物件」を見つけたため、そちらに乗り換えました。

事の顛末はこちらの関連記事をご覧ください。

中古一戸建てという選択。セキスイハイム施工の家を安価に購入できた理由

で、結果的に優先順位をつけていた家への希望はどうなったかというと、「ほとんどが叶いました」。

これは「新築注文住宅」であればあり得ることだと思いますが、中古物件で実現させるのはかなり難しいことだと思います。

それだけ、我が家は「悪運が強かった」ということになります。

だって、自分たちの希望をほとんど叶えてくれる「中古物件」に出会えたのですから。

予算と優先順位のバランスを取るのは新築注文、建売、中古どれでも変わらない

家を建てるための予算と自分たちの理想を追い求めるための優先順位。

このバランスが大事なのは、新築一戸建て住宅を買う場合でも、中古住宅でも建売住宅でも変わることはありません。

重要なのは、「自分たちが一戸建て住宅での生活に何を求めているか」ということです。

 

「家族の団らんと会話」を重視したいのなら、みんなが一度に集まれる大きなリビングや、必ずリビングを通って二階に上がるリビング階段をつけたり、極力間仕切りを少なくするなどの工夫が考えられます。

逆に二世帯住宅などで個人のプライバシーをしっかりと保ちたい場合には、それに合わせた部屋の配置や間取りの工夫が重要です。

リビングの陽当たり、快適性を求めるなら2階に作るという手もある

2階建ての家というと、玄関が1階にあって、リビングダイニングキッチンも一階にあるのが当たり前だと思われていますが、そうしなければいけない理由はありません。

例えば住宅密集地帯で一階は陽当たりが良くないだとか、逆に一階だとひと目にさらされる環境にあるといった場合は、「二階にLDKを持っていく」というのもライフスタイルに合わせた一つの工夫です。

二階にLDKを置いた間取りサンプルプラン

スクリーンショット-2016-07-06-14.25.13

【参照】富士住建ホームページ

こちらは埼玉県を中心に「完全フル装備の家」でローコスト注文住宅を展開している富士住建のチラシに開催されていた二階にリビングを配置した間取りプラン。

一階にはビルトインガレージを設置し狭い敷地でも駐車場を確保。

主に夜利用することの多い寝室は多少陽当たりが悪くても問題ありません(ある意味よく眠れるかも)ので、一階の奥でも問題なし。

逆に子供部屋にはなるべく陽の光が入るよう、間取りの方角を考えます。

 

二階には18帖のLDKがあり、バルコニーと直結。

狭小地の設定のため、部屋数や二階収納は少なめですが、機能的でかつ、二階リビングの特性を活かした住みやすい住宅プランになっています。

まとめ

一戸建て住宅を建てたい、いい家にしたいという思いは誰もが持っていますが、

残念ながら予算には限りがあります。

その予算内で最高の家を建てるためには、あまりムダな部分にお金をかけることはできません。

だからこそ、自分たち家族のライフスタイルや「これからの生活」に合わせた「優先順位」をつけることが重要になります。

 

優先順位をつけて、自分たちに必要なもの、できればあったら良いもの、特に求めていないものをしっかりと把握しておくことで、新築注文住宅のみならず建売や中古住宅に至るまで、幅広い様々な物件を比較検討して、ベストの選択ができるようになります。

 

この作業は、大変ですが、夢がふくらむ楽しいものでもあります。

ぜひ、ご家族で様々な資料を見比べながら、白い紙の上に自分たちの理想の家プランを書き上げてみてください。

注文住宅家づくりの始まりは、ハウスメーカーのカタログ取り寄せと研究から!

home'sでカタログ比較

家づくりはとにかくやることが多くて、手間と時間がかかります。
家が欲しいと思っている皆さんは、仕事や子育てでとても忙しいはず。
だからこそ、効率的に家づくりを進めていく工夫が必要です。
そのためには、様々な便利ツールを駆使して、「出来る限り楽をすること」を考えましょう。

わざわざ住宅展示場やハウスメーカーのイベント、ショールームに足を運ばなくても希望のカタログが手に入るLIFULL HOME'Sは、家づくりのスタートダッシュを決めたいご家族にとっては、とてもありがたいサービス。
家を建てないな〜と思ったら、いきなり住宅展示場やハウスメーカーのイベント、ショールームにはいかず、まずは気になるハウスメーカーのカタログを取り寄せて、情報収集から初めて下さい。
長い長い家づくりです。
じっくりとあせらず進めていきましょう。

関連記事→注文住宅を建てるなら、まずはLIFULL HOME'Sでハウスメーカーのカタログ比較。研究して知識を増やすべし!

-中古住宅, 注文住宅

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.