家づくり基礎知識

知らないと怖い一戸建てマイホームの購入に必要な諸経費の種類と費用額をまとめました。

更新日:

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

一戸建て注文住宅の費用=物件本体価格+諸経費

一戸建て住宅を建てようと、物件情報やチラシ、ハウスメーカーのパンフレットを見ていて、気になるのはやはり物件の値段。

予算内におさまる手頃な価格で建てられるプランなどを見つけた時は、思わずガッツポーズしてしまうこともあるかも知れませんが、そこには気をつけなければならないポイントがあります。

それは、一戸建てを購入する場合は、物件価格以外に、様々な「諸経費」がかかるということです。

住宅ローンを借りる時の諸経費

例えば、住宅ローンを組む際にも様々な諸経費がかかります。

住宅ローンでメインに借りるのは物件本体価格の費用ですが、手数料や税金などがそこに当然上乗せされます。

さらに印紙税や登録免許税、不動産取得税といった税金にプラスして、書類を作ってくれる司法書士への報酬や住宅ローン保証料など、こまごまとした諸経費がかかる。それぞれは、物件価格に比べれば小さいものだが、チリも積もれば山となり、かなりの金額になって予算を圧迫するのです。

一戸建て注文住宅購入の契約時に必要な費用一覧

住宅ローンを借り入れ、実際にい一戸建て物件を購入する契約時に、一緒に払う必要がある諸経費の一覧です。

①印紙税 1〜2万円

土地や建物の売買契約書や、住宅ローンを借りる時に、金融機関と締結する契約書を発行する際に必要になる税金です。

②登録免許税 10〜15万円

固定資産税評価額や、住宅ローンの借入額などから算出される税金。土地や建物を登記する時に、抵当権を登記するために必要です。

③司法書士への報酬 10〜15万円

抵当権の設定登記などは司法書士へ依頼するのが通常の手続き。ハウスメーカーなどが提携している司法書士事務所を紹介してもらえます。

④不動産取得税 3〜10万円

土地や建物といったいわゆる「不動産」を取得、建物を建築した時にかかる税金。

⑤住宅ローンの融資手数料 2〜5万円「

住宅ローンを融資してもらう時に金融機関に払う手数料。銀行などによって金額は異なります。

⑥火災保険料 15〜30万円

住宅ローンを借り入れるためには、必ず火災保険に入る必要があります。合わせて地震保険などについても考慮する必要があるでしょう。

⑦団体信用生命保険料 5〜10万円

ローン返済中に死亡、高度障害になるなど、ローンが返せなくなった場合に、残ったローンを返済してもらうための保険です。

諸経費は物件価格の5〜8%程度

物件の価格とは別に、だいたい物件価格の5〜8%の諸経費がかかると頭に入れておく必要があるでしょう。

上記に示したような税金を中心に、引越し費用や、新しく購入する家具、生活雑貨などの費用もしっかりと予算の中に組み込んでおきましょう。

一戸建て住宅の見積書やローンの提案書には、諸費用についても概算費用などが掲載されているので、しっかりチェックを。

物件契約後にかかる諸経費

無事に物件を契約し、夢の一戸建てを手に入れた後にも、諸経費がかかります。

代表的なものは

①固定資産税

土地や建物などの不動産を所有している場合に毎年所在する市町村に支払う必要がある税金です。

②都市計画税

都市計画区域の市街化区域など、特定の区域に住宅が所在している場合に支払う税金。

③新生活に関わる費用

新居への引越し代は家族が多いとバカにならないので、できるだけ削減するのがベスト。小生は、家族親戚をかき集めて、引越し業者に頼むことなくやり遂げました。

また、一戸建て住宅の建築費には含まれていない、家具やカーテン、インテリア、エクステリアなどは建築後に別予算として用意する必要があるので注意しましょう。

諸費用はローンではなく自己資金でまかなう

諸費用をローンに含めてしまうと、ローン総額が上がり、結果的には毎月の支払を増やすことになります。それを防ぐためには、諸費用の分は物件契約時に一括で支払ってしまうことです。

諸費用分はローンではなく、自己資金で用意して、さっさとなくしてしまうのがベストです。

保証料や団信信用生命保険が無料の住宅ローンなどもあるので、場合によっては利用するのも一つの方法です。

 

家づくりにはどのくらい費用がかかるのか?とりあえずの目安が欲しい

自分たちが理想とする家を建てるには一体どのくらいの費用が必要なのか。

これは様々な要素が複雑に絡み合っているため、素人の私たちがあれこれ計算してみても正確な数字は出てきません。

しかし、目安や基準となる金額があった方が、家づくりはスムーズに進みます。

ならば、さっさと家づくりのプロに目安費用を算出してもらった方が得策です。

 

とはいえ、一軒一軒、気になるハウスメーカーを回って見積もりを確認して回るのは大変ですし、その後しつこい営業をされないかと心配する人も多いでしょう。

そんな時に役に立つのが、インターネットだけでカタログ請求、間取りプラン、費用目安の見積もりが取り寄せできるサービス。

同様のものはいくつかありますが、使い勝手や資料請求できるハウスメーカーの数、送られてくる資料のクオリティを考えると、もっともオススメなのは、タウンライフ家づくりです。

希望ハウスメーカーや家の条件などを記入して送信ボタンを押すだけなので、手続き簡単。

家づくりの最初の一歩として、ぜひ気軽に試してみてください。

⇒タウンライフ家づくりのホームページ

 

 

【参考文献】新20年たっても後悔しない一戸建ての選び方がわかる本 (100%ムックシリーズ)

 
 
 

「家づくりの基礎知識」関連の注目記事

「ハウスメーカー比較」関連の注目記事

「間取りの研究」関連の注目記事

「家づくりテクニック」関連の注目記事

「中古住宅」関連の注目記事

-家づくり基礎知識
-, ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.