ナビゲーター紹介

このブログのライター・管理人でありナビゲーターのISHIKAWAと申します。

以後お見知り置きを。

私は、齢30を過ぎてから結婚し、35歳で長男を授かりました。

そのころは、高崎線沿線のある地方都市でマンション暮らしをしておりました。

3DKのマンションで、親子3人暮らし。

息子がハイハイをしている頃は問題ありませんでしたが、立ち上がり、よちよちと歩き出してからはいろいろなことが不安になり始めました。

時折発する、「獣か?」という奇声

壁や床を破壊せんばかりに激しく行われる遊び

賃貸住宅ですから、これはあくまでも借り物の家。

壁紙や床などの傷は、退去時に致命傷になりかねませんし、壁一枚隔てた隣には別のご家庭が幸せに暮らしているのです。

このままではいかんと一念発起した私は、夢のマイホームである一戸建て住宅を建てるべく奔走します。

元来ののめり込むと手がつけられない研究癖も手伝って、様々な一戸建て注文住宅に関する情報や知識を溜め込みました。

そして実際に、ハウスメーカーのショールームを訪ねて打ち合わせをしたり、モデルハウスを見学したりという「家づくり」を続けていたのですが、最終的には「中古一戸建て」を購入するという結末に至りました。

そちらの詳細につきましては以下の記事を御覧ください。
⇒中古一戸建てという選択。セキスイハイム施工の家を安価に購入できた理由
とりあえず、我が家の家づくりには終止符が打たれましたが、ここで話は終わりません。

理由の一つは、これまで溜め込んできた知識や情報をひとつにまとめ、一つの「知識辞典」として残そうと思い立ったこと。
そしてもう一つは、将来、子供が独立し、購入した中古住宅が古くなった時の「建て替え」を見越した継続的な研究を行うこと。
その2つの理由から、このブログを立ち上げ、隙を見ては記事をしたためる毎日を送っております。
ブログ内の記事が、これから理想の家づくりを行い、夢のマイホームたる一戸建てを購入しようとしている皆様のお役に少しでも立てば、これ幸いでございます。
ちなみに、建て替えをするならば、L字型の平屋が良いなあと妄想しています。

お問合わせはこちらから

ブログに関するお問い合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。

amazonアソシエイトについて

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

更新日:

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.