注文住宅

新築一戸建てを工務店で建てるメリットと選び方、資料請求のコツ。

更新日:

新築一戸建てを地元密着の工務店で建てるメリットとは?

一戸建ての家を建てようと思いたった時、まずまっさきに思い浮かぶのが「ハウスメーカー」だと思います。

大手のハウスメーカーは、テレビCMなども頻繁に流していますし、「家を建てるのはハウスメーカー」というある種の先入観念があることも事実でしょう。

積水ハウスやヘーベルハウスなどの「一流ハウスメーカー」、ローコストが売りのタマホームなど、有名な会社がたくさんあります。

 

ちょっとこだわりの家を建てたいという人は、設計事務所に依頼することも多いでしょう。

自由設計とはいえ、一定のルールの中で作られる「規格住宅」とは一線を画す、真の意味で「自由、かつ個性的な機能やデザイン」を持つ家を求めるならば、建築士にお願いするのがベストです。

 

そして、そのどちらでもない第三の選択肢が「地元の工務店に依頼する」というパターン。

今回の記事では、一戸建て注文住宅の建築依頼先として、地元工務店を選んだ時の特徴やメリットやデメリット、間違いのない「信頼できる工務店」の選び方、工務店に資料請求するコツについてまとめてみたいと思います。

 

この記事はこんな人に読んで欲しい!

  • ハウスメーカーではなく、地元密着の工務店(大工さん)に家を建てて欲しい人
  • 注文住宅をなるべく安く建てたい人
  • 実際に家を建てる職人さんと直接やり取りして、家づくりを進めたい人

新築の一戸建てを建ててくれる工務店の種類

工務店といっても、その特徴や経営規模によっていくつかの種類に別れます。

①地元密着の小さな工務店

その土地に住まい、地元・地域密着で営業している小希望経営の工務店です。

大工さんなど職人さんを社長として、少人数での会社組織、または家族経営で運営している工務店が多いと思います。

息子さんが社長である父親の跡をつぎ、代替わりをしながら長く営業している工務店は、どの地域にも存在します。

小さな工務店に新築一戸建てを依頼するメリット

その工務店によって、得意な工法や家のスタイルは決まっており、選択の幅は少ないものの、専門性の高い技術やノウハウを持っている点が大きな魅力です。

家族経営など小規模な会社なので、スタッフとの距離も近く、会社全体であなたの家づくりをサポートしてくれるあたたかさ、心意気をひしひしと感じられるでしょう。

 

基本的に社長さんが「職人」なので、様々なスキルを持った職人たちとの結びつきが強く、その技術力は高いです。

家づくりの面倒を見てくれる担当者と直接やり取りができますし、専門技術を持った職人のネットワークもあります。

そのため、大手ハウスメーカーでは「それは規格外なのでできません」とか「オプションになりますね」と嫌がられるような細かい要望にも、快く対応してもらえる場合が少なくありません。

また、費用面でも、余計な広告費をかけていない、営業マンを抱えていない、大規模なモデルハウスや展示場への出展をしてない、余計な中間マージンが発生しないといったことから、コスト削減がしやすい=安く良い家を建てられる可能性が高まるということになります。

 

いわゆる「大工さん」が経営している工務店の場合、家のタイプとしては「木造軸組工法」を用いる場合が多いと思います。

この工法は、建築法としてはオーソドックスなもの。

設計や間取りの自由度が高く、変則的な地形や狭小地など、通常は「家を建てにくい」とされる場所にも十分対応できるというメリットがあります。

小さな工務店に新築一戸建てを依頼するデメリット

大手ハウスメーカーに比べれば、「地方の中小企業」に過ぎませんので、経営面が盤石出ない場合もあります。

家族経営のため、後継ぎがおらず、事業が継続できなくなって、廃業してしまう工務店も増えています。

会社がなくなってしまうと、十分なアフターサービスやメンテナンスを受けられなく可能性があるので、大きなデメリットといえるでしょう。

 

また、得意な工法や技術に特化しているため、新しい技術や工法、デザインなどには幅広く対応できないという工務店もあります。

例えば、「うちはこの木材をつかった純和風の家しかつくらないぜ!」という強いこだわりを持っている場合は、作りたい家のタイプがマッチすれば最高のパートナーですが、そうでない場合は他にメリットがあっても依頼するのは避けたほうが良いでしょう。

②ハウスメーカーの規格プランを取り扱う「フランチャイズ型工務店」

家のプランや建材の手配などを行う「本部」があり、その営業形態や仕組み、商品を扱っている「契約工務店」が実際の施工を行うというタイプ。

フランチャイズといえば、セブンイレブンなどのコンビニや持ち帰り弁当のほっともっとなどで採用されているシステムです。

工務店にしてみれば、自社単独では難しい企画商品の開発を本部にしてもらえたり、材料や部材を本部を通して一括で購入できるためコスト削減できるなどのメリットがあります。

フランチャイズ型工務店に新築一戸建てを依頼するメリット

フランチャイズ本部がしっかりと作り上げた企画住宅を「地元で実績のある工務店が施工してくれる」という安心感があります。

工務店が直接施工しますので、コスト削減や、細かい要望に応えてくれる対応力は魅力でしょう。

フランチャイズ型工務店に新築一戸建て依頼するデメリット

良くも悪くも、出来上がる家のクオリティは、施工する工務店の「仕事の質」に依存します。

大手ハウスメーカーの場合でもそうですが、多くの場合、実際に家を建てるのは下請けの下請けの小さい建築会社や工務店です。

その工務店がどんな仕事をするかによって、出来上がる家の完成度は変わります。

だからこそ、大手ハウスメーカーやフランチャイズ本部は、より良い仕事をしてくれる工務店を探して契約し、その仕事内容もくまなくチェックをしています。

 

最も心配されるのがアフターメンテナンスの部分でしょう。

アフターサービスに関しては、多くの場合フランチャイズ本部ではなく、施工をして工務店の責任になります。

家が建った後でもしっかりとアフターフォローをしてくれる工務店なのか、そういった体制が整っているのかも、しっかり確認する必要があります。

③工務店とハウスメーカーの良いとこ取り「地域限定の中規模ハウスメーカー」

地域にある程度密着し、地域情報や職人とのネットワークなどを持っている「工務店の特徴」と、住宅プランの企画から宣伝、提案、建築など総合的に家づくりをサポートできる「ハウスメーカーとしての特徴」。

その両方を持っているのが「地域限定の中規模ハウスメーカー」となります。

例えば、埼玉地域でいえば「完全フル装備の家」で地元では有名な「富士住建」や松崎しげるさんをイメージキャラクターに起用し、建売住宅の販売戸数も多い「横尾材木店」などがあてはまるでしょう。

地域限定の中規模ハウスメーカーに新築一戸建てを依頼するメリット

家づくりは「どの場所に住むか・家を建てるか」が非常に重要になります。

その意味で、その地域に密着し、様々な情報や知識を持っているという点は、家づくりをサポートしてもらう専門家として心強いです。

盆地で夏の暑さが問題の地域であれば、風通しがよく涼しい家、豪雪地帯であれば、防音性や安全性が高く安心して暮らせる家など、地域の状況に合わせた細かいプラン設計が可能です。

 

一般的な少規模工務店とは異なり、ある程度の経営規模を持っていて、社員も多く、支店を構えている場合も少なくありません。

その意味で、ハウスメーカーとして「できること」は非常に多く、自社運営のモデルハウスを用意していたり、自社開発の商品を販売している場合も多いです。

 

品質も高く、提案力もある。

それに加えて、大手ハウスメーカーとの差別化を図るために、様々な特徴を持ったプランを打ち出している部分が魅力です。

例えば、先程紹介した「富士住建」であれば、自由設計の住宅プランにあらかじめ様々なプランやオプション品を組み込んだ「完全フル装備の家」というキャッチフレーズの企画商品で人気となっています。

地域限定の中規模ハウスメーカーに新築一戸建てを依頼するデメリット

地域限定・密着で営業していることのメリットはもちろんありますが、施工範囲は大きくないので、全国どこでも家を建てられるという訳ではありません。

また、支店や営業所も会社自体の営業範囲内でカバーできる場所にしかありません。

 

ハウスメーカーで良い家が建てられるかどうかは、担当になった「営業マンの能力」に大きく左右されます。

中規模ハウスメーカーの場合、大手ほど人材が多い訳ではありませんので、会社によっては営業マンの能力にバラツキがある、つまり「当たり外れが大きい」場合も少なくありません。

いくら良い家を建ててくれるハウスメーカーでも、「仕事のできない営業マン」が担当になってしまうと、理想の家を建てるのは大変になりますので、気をつけたいところです。

工務店は、「費用が割安」と「小回りがきく対応」が魅力

工務店の3つのタイプをご紹介しましたが、どのタイプにも共通するのが、大手ハウスメーカーに比べて、設計・建築費用の面で割安であるということ。

「なるべく安く家を建てたい」という場合には、大手ハウスメーカーとよく比較した上で、地元の工務店も選択肢に入れてみることをおすすめします。

 

また、大手ハウスメーカーの場合、基本的には用意されているプラン・規格に沿った形で家づくりを進めるため、プランの修正が必要な要望やオプションの利用があると、費用がかなり余計にかかることがあります。

その点、小回りの聞く工務店であれば、無理のない範囲で、施主の要望に柔軟に対応してくれる場合も多いでしょう。

例えば、システムキッチンやお風呂の設備を自分で選んだ商品にしたり、部屋の間取りや設計に関する部分で融通を利かせてくれたりといった具合です。

工務店選びは慎重に。数社を比較して信頼できる会社を探す

地域密着の工務店は、長く地元で築き上げてきた実績と信用が第一。

とはいえ、表から見ると非常に信頼できそうな工務店でも、実は手抜き工事などで欠陥住宅を建ててしまう悪徳業者や、経営不振に陥っている会社、代替わりなどがうまく行かず将来に不安を抱えている工務店なども少なからず存在します。

大手ハウスメーカーに比べて工務店の情報は集めにくいので、工務店の会社ホームページ、パンフレット、口コミなど、集められる情報をしっかりと精査して、本当に選ぶべき工務店を探し出しましょう。

 

その際、特に気をつけて見て欲しいのが「施工事例」です。

現在は、小規模な工務店でもホームページくらい持っているのが当たり前。

ホームページにしっかりと施工事例や年間の施工頭数などのデータが記載されている工務店は、信頼度が高まることは間違いありません。

 

たまたまですが、現在、我が家の北と南で同時に家を建てています。

北側の国道に面した家は地元の工務店が作る二世帯住宅。

南側の家は、大手ハウスメーカーのセキスイハイム施工の2階建て住宅。

ほぼ同時期に工事が始まったのですが、南側のセキスイハイム施工住宅は、3ヶ月もしないうちにあっさりと完成してしまいましたが、北側の工務店が建てている家は、5ヶ月経った今でも絶賛工事中です。

何かトラブルでもあったのか、はたまた人手が足りないのか。

こういう事例を生々しく見てしまうと、やはり大手ハウスメーカーの方が安心して任せられるのかなと思ってしまいますが...

工務店も各社特徴あり。女性設計士やプランナーが「奥様目線の家づくり」をサポート

小規模かつ少人数だからこそ、工務店も生き残りをかけて、様々な工夫をしています。

例えば、女性の一級建築士や女性プランナーが在籍していて、女性ならではの視点で奥様目線の家づくりをサポートしてくれるような工務店・中規模ハウスメーカーも増えています。

やはり家づくりは、女性主導・奥様主導で進む場合が多く、女性の意見を無視して進めることはできません。

そういった点を踏まえて、女性スタッフによりきめ細かいサービスを売りにして、大手ハウスメーカーとの差別化を図っているのです。

まとめ:信頼できる工務店を選べるためには、情報収集と資料請求が重要

一戸建て注文住宅を建てる上で、もっとも重要な問題である「費用」の点で、地域密着の工務店は大きなメリットがあるのは確かです。

しっかりとした家を建ててくれる信頼できる工務店を探し出すことができれば、理想の家をよりリーズナブルな価格で手に入れることも可能でしょう。

すべては「良い工務店を見つけることができるかどうか」にかかっています。

 

大手ハウスメーカーと異なり、どうしても集められる情報が少ないので、効率的に資料集めをして、しっかり比較できる準備をしましょう。

ハウスメーカーの間取りプランや費用比較が簡単にできるて使い勝手の良い「タウンライフ家づくり」ですが、大手ハウスメーカーだけではなく、地域密着の工務店もしっかりと登録されていて、資料請求が可能です。

 

例えば、千葉県の松戸市を例にして、見てみましょう。

タウンライフ家づくりのホームページにアクセスして、家を建てたい地域を入力します。

今回は、「千葉県松戸市」です。

するとすぐに検索結果が表示されます。

松戸市の場合、17件の建築会社が登録されていました。

トヨタホームやタマホームといった有名なハウスメーカーと一緒に、特徴のありそうな地域密着工務店や中規模ハウスメーカーの名前も並んでいます。

比較検討したいハウスメーカーや工務店にチェックを入れ、必要事項を記入して、資料請求。

あまり多すぎても混乱するだけですので、3〜4社程度に絞って、資料を取り寄せるのがベストです。

 

タウンライフ家づくり」を使って取り寄せられる資料はこちら。

やはり気になる間取りプラン。

そのプランでどのくらいの費用がかかるのか、諸経費も含めた資金計画をまとめた資料。

そして、希望する地域での土地情報。

もちろん、カタログやパンフレットといった基本資料ももらえます。

ハウスメーカーや工務店を比較検討する場合は、「同じ間取りプランでの費用を比べる=相見積もり」が必須です。

ハウスメーカーや工務店を同じ土俵に並べて、じっくりと比較するための資料としては、申し分ない内容ですね。

 

理想の家づくりを目指すなら、「地元密着の工務店」も決して悪い選択ではありません。

ぜひ、長年のパートナーとなる建築会社をじっくりと選んで、最高に住心地の良い家を建ててください!

⇒タウンライフ家づくりのホームページ

 

 

家づくりの第一歩は、ハウスメーカーのカタログを取り寄せて眺めてみること!

誰にとってもはじめての家づくりで分からないことだらけ。

夢の新築一戸建てで絶対に失敗しないためにも、じっくりゆっくり足元から固めていきましょう。

「そろそろ家を建てたいなあ」と思ったら、とりあえず気になるハウスメーカーのカタログを集めて、さらって眺めてみることをおすすめします。

ハウスメーカーのカタログを見てみることで、

  1. 家づくりをやってみようというエネルギーになり、やる気が出る
  2. 現在の家づくりのトレンドがわかってくる
  3. 新築一戸建ての基礎知識やハウスメーカーの特徴がわかる

といった家づくり初心者にとっては非常にありがたいメリットがあります。

カタログを取り寄せるには、

  1. それぞれのハウスメーカーのホームページから個別に請求する
  2. ハウスメーカーのショールームや総合住宅展示場にでかけてもらってくる
  3. カタログ一括請求サービスのホームページからまとめて取り寄せる

といった3つの方法があります。

とにかく、皆さん、仕事に育児に趣味に忙しいですから、なるべく時間と手間をかけずにカタログを手に入れたい。

だったら、「③カタログ一括請求サービスのホームページからまとめて取り寄せる」がベスト。

地域や工法、家のタイプなどから検索して、自分たちの求めている家を建ててくれるハウスメーカーをセレクトし、カタログを請求するだけの簡単手続きで、手間なく、様々な情報が掲載されたカタログがご自宅に届きます。

さあ、家づくりを始めて見なければ、いつまで経っても家は完成しません!

この機会に一念発起して、夢のマイホームを建てるためにカタログ取り寄せてみましょう!

⇒カタログを取り寄せてみる!

 

家を建てたいと思ったら、次のステップは①土地探し⇒②間取りプラン作成⇒③資金計画と進みます

新築一戸建てを建てよう!と決意したら、次のステップは、①家を建てるための土地探し、②新築一戸建てで最も重要な間取りプランの作成、③一番気になる費用・資金計画と進んでいきます。

ただ、ほとんどの方が「人生ではじめての家づくり」になりますので、正直わからないことだらけで悩むことも多いでしょう。

そういう時は、「家づくりで失敗する」前に、専門家の力を借りましょう。

①土地探し、②間取りプラン作成、③資金計画という重要な3つの資料を、あなたの要望や理想の家に合わせて作成してくれるサービスがあることをご存知ですか?

利用料は、まさかの無料!

建てたい家のタイプによって別れていますので、ご希望に応じてぜひともご活用ください。

家を建てようか考え始めたところというご家族の場合は、「とりあえず、ハウスメーカーのカタログを取り寄せて見てみる」のも、家づくりの第一歩としてオススメです

あなたが建てたいのは、どのタイプの家ですか?

2〜3階建ての新築一戸建てを建てたい
大手ハウスメーカーで家を建てたい
暮らしやすくコンパクトな平屋住宅を建てたい
二世帯住宅を建てたい

さあ、楽しい家づくりを始めましょう!

 
一生に一度の家づくりで絶対に失敗したくない方は必見です!

夢の新築一戸建てを建てるなら、自分たちの希望をしっかり反映させた理想の住まいを完成させたい。

そのために最も重要なポイントは、実は「費用」と「間取り」なんですが...

★NEXT⇒新築一戸建て「費用」と「間取り」で失敗しないための必須テクニック に進む。

-注文住宅
-, , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.