家づくり基礎知識

【新築一戸建て】ハウスメーカー・工務店・設計事務所の違いを比較

更新日:

信頼できるハウスメーカーの選び方

新築の注文住宅を建ててくれるハウスメーカー・工務店・設計事務所の違いを比較してみよう

家づくりを決意して情報収集を始めた。
ある程度、家づくりに関する知識も増えてきたら、今度は「信用できる家づくりのパートナー探し」という超重要任務が待っています。

基本的に、多くの皆さんは大工さんではないと思いますので、黒板五郎(北の国からより)のように自分で丸太小屋を作るようなことはできません。
基本的には、ハウスメーカーや工務店・設計事務所と言った「家をつくる専門家」とタッグを組んで、実際の建物づくりを進めていくことになります。

ここで重要なのは、「いかに信用できて、良い仕事をしてくれるパートナーと出会うか、探し出すか」ということです。
このパートナー選びを失敗すると、家づくりは大失敗。
理想の家どころか、住むのも嫌な欠陥住宅が出来上がってしまうリスクも、ゼロではありません。

この記事はこんな人に読んで欲しい!

  • 理想の一戸建て住宅建築をどの会社に頼むべきか悩んでいる
  • ハウスメーカーや工務店、設計事務所の特徴や違いを知りたい

ハウスメーカー・工務店・設計事務所の特徴と違い

一戸建て住宅を建てたいと思った時、まっさきに思い浮かぶのが、ハウスメーカーだと思います。
ヘーベルハウス、セキスイハウス、トヨタホーム、タマホームなど、テレビCMも放送している有名ハウスメーカーがたくさんあります。
また、街を歩けば、地域に密着して家づくりを行っている工務店もありますし、個性的な家をてがける設計事務所もあります。
それぞれに特徴やメリット、デメリットがありますので、その辺りをまず整理してみましょう。

①新築注文住宅を販売:ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーの中にも、全国展開している有名な会社もありますし、地域やエリアを限定して営業している中規模店もあります。
前者は、ヘーベルハウスやセキスイハウスといった有名どころ。
後者は、例えば埼玉県を中心に営業しているハウスメーカーでいえば、富士住建や横尾材木店といった会社になるでしょう。

基本的には自由設計の注文住宅を作る会社ですが、コスト削減や低価格化を行うために独自のプランや規格を作成し、セミオーダーメイドの住宅をつくるのが主流になっていると思います。
大手だけあって、完成後のアフターサービスなども充実している場合が多いです。
金融機関とのつながりがあり、銀行などと組んで独自のローンプランなどを展開している場合もあります。
その場合、「うちで家を建ててくれれば、ローンも通りやすくなりますよ」という恩恵が受けられる訳です。

デメリットとしては、やはり金額が高額になることでしょう。
特に注文住宅、自由設計となると価格は高くなりがちです。
家自体はそのハウスメーカーの製品でも、施工をするのは自社ではなく、下請けの下請けの下請けの工務店といった場合もあるので、注意が必要です。

②新築注文住宅を建てる:工務店の特徴

少数経営のため、各担当者と直接やりとりできる機会なども多く、細かい話し合いができ、要望が伝わりやすいというメリットはあります。
ハウスメーカー以上に、工務店ごとの特徴や得意な家のタイプなどがありますので、自分たちの理想の家に近い家を実際に作っている施工事例などがあれば、依頼をしやすいと言えるでしょう。

デメリットは、モデルハウスなどを所有していない場合もあり、資料や見本という部分では大手ハウスメーカーにはかなわない場合が多いです。
また、経営規模が小さいので、倒産や跡継ぎの不在、スタッフの離職によるクオリティの低下なども懸念されるところです。
当然、アフターフォローについても心配な部分があり、会社自体がなくなってしまえば、その後のフォローは一切期待できません。

最近は、どの工務店も「二代目、三代目がいない」というのが深刻な問題のようです。

③新築注文住宅をデザインする:設計事務所の特徴

とにかく、「自分が理想とするこういう家が欲しい」という場合は、設計段階で自由に家づくりができる設計事務所に依頼するのがベストでしょう。
大手ハウスメーカーや工務店ではできない、ユニークな間取りや、特殊な部材を使った家づくりなど、様々な要望に対応してくれます。
設計費用は当然高くなります(設計料は一般的に、建築工事費の10〜15%程度)が、その分、完成した時の満足度は、規格住宅の比ではないでしょう。

デメリットは、「世界に1つの家」であるため、完成するまで実際にどうなっているのか分からないという点です。
現在はCADソフトが3Dプレビューに対応していて、ディスプレイの中で設計した家の中を歩き回って出来上がる家を体感することができるサービスなどもあるので、対応してくれる設計事務所を選ぶのも1つの手です。
また、まったく白紙の状態から設計をして家づくりを始めますので、どうしても時間がかかります。
私の友人も、こだわりの家を設計事務所に頼んで作りましたが、家づくりスタートから実に5年もの歳月をかけて、やっと完成しました。
これはちょっと長すぎですが、総じて長期化するのは間違いないです。

さらに、重要なのは、設計担当者との相性です。
設計事務所は、基本的に一級建築士を持った設計士の個人事務所である場合が多いので、その建築士との相性やフィーリングが合うかどうか、好みが合致しているかどうかで、家づくりのやりやすさ、完成した家の満足度が変わります。

中古物件なら、不動産情報とリフォーム会社をチェック

新築だけではなく中古物件も視野に、または中古住宅に絞って探すということになれば、重要なのは物件検索とリフォーム業者の選定です。

中古物件は基本的に一点物ですので、売れてしまえば終わりです。
良い物件はすぐになくなってしまうので、常に情報をチェックして早めに手を打つことが重要です。
中古物件は、不動産会社が扱っているものもあれば、各ハウスメーカーがモデルハウスなどに使っていた住宅を中古住宅として安く販売する場合などもあります。
いろいろな可能性を視野にいれながら、情報検索をしていきましょう。

仲介不動産会社と販売代理店の違い

中古物件の場合、物件を取り扱っている会社によって取引の仕方が変わります。

仲介不動産会社の場合、中古住宅の売り主に変わって宣伝や販売を行うのが仕事です。
売り主と買い主の間に入って、様々な交渉や手続きを行います。
この場合、会社は売り主、買い主、双方から手数料を受け取ることになりますので、より中立的な立場で物件の購入を手伝ってくれるでしょう。

販売代理店の場合は、売り主から販売代理権を得て、物件の販売を行います。
売り主の代理人という側面が強く、どちらかといえば「売り主の利益」を優先するスタイルです。
ちなみにこの場合、買い主は代理店と契約をすることはないので、手数料等はかかりません。

リフォーム会社の選定も重要

中古物件は、もちろんそのままでも住めますが、できれば、自分たちの理想に近づけるためにカスタマイズやリフォームを行いたいところ。
そうなると、リフォーム会社を選ぶことになるのですが、これがまた大変。
空き家対策や古くなった住宅の修繕などで、リフォーム業界は現在とても活気づいていますので、様々な会社や業者が進出しています。
その中から、自分たちの希望にあったリフィーム会社を選びぬかなければならないのですから、それはもう大変です。

ハウスメーカーや工務店で一戸建て住宅を建てる時に必ず確認したいチェックポイント

チェックポイント

ハウスメーカーや工務店などが提案してきたプランが、自分たちの希望にどれだけ合致しているか

こちらの要求や追加のオプションなどに対する対応状況や費用はどうか

担当者は親身になって話を聞いたり、対応してくれるか

見積書や仕様書は詳細に書かれていて、しっかり確認させてくれたり、説明してくれるか

営業、設計、現場監理など担当者・責任者がはっきりしているか

建築現場での様子・下請け業者のクオリティは大丈夫か

ハウスメーカーや工務店などの情報を知るためには、カタログや資料を請求して確認したり、ホームページやブログ、SNSなどのネット情報、その会社で建てた人の話やブログ、イベントや見学会、実際に建築を行っている現場を見てみるなど、頭、目、耳、足をフル稼働して情報収集、分析を行う必要があります。

 

家を建てたいと思ったら、次のステップは①土地探し⇒②間取りプラン作成⇒③資金計画と進みます

新築一戸建てを建てよう!と決意したら、次のステップは、①家を建てるための土地探し、②新築一戸建てで最も重要な間取りプランの作成、③一番気になる費用・資金計画と進んでいきます。

ただ、ほとんどの方が「人生ではじめての家づくり」になりますので、正直わからないことだらけで悩むことも多いでしょう。

そういう時は、「家づくりで失敗する」前に、専門家の力を借りましょう。

①土地探し、②間取りプラン作成、③資金計画という重要な3つの資料を、あなたの要望や理想の家に合わせて作成してくれるサービスがあることをご存知ですか?

利用料は、まさかの無料!

建てたい家のタイプによって別れていますので、ご希望に応じてぜひともご活用ください。

家を建てようか考え始めたところというご家族の場合は、「とりあえず、ハウスメーカーのカタログを取り寄せて見てみる」のも、家づくりの第一歩としてオススメです

あなたが建てたいのは、どのタイプの家ですか?

2〜3階建ての新築一戸建てを建てたい
大手ハウスメーカーで家を建てたい
暮らしやすくコンパクトな平屋住宅を建てたい
二世帯住宅を建てたい

さあ、楽しい家づくりを始めましょう!

 
一生に一度の家づくりで絶対に失敗したくない方は必見です!

夢の新築一戸建てを建てるなら、自分たちの希望をしっかり反映させた理想の住まいを完成させたい。

そのために最も重要なポイントは、実は「費用」と「間取り」なんですが...

★NEXT⇒新築一戸建て「費用」と「間取り」で失敗しないための必須テクニック に進む。

-家づくり基礎知識
-, , , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.