テクニック 注文住宅

新築一戸建てマイホーム建設の予算がオーバーしないようにコストを抑える具体的な3つの対策

更新日:

235f126ea2ac9e41aa25c69686f60e05_s

一戸建てマイホームを建てる時に必ず出てくる「予算の壁」

 

理想の一戸建て住宅を建てたいというのは誰もが望むことですが、必ずネックとなるのが「予算」です。

お金がたっぷりあって、糸目はつけないということであれば史上最高の理想の家が完成するかも知れませんが、通常、どの家庭でも予算には上限があります。

 

一生懸命考えて、家族の意見を聞き、理想のマイホームを建てるためのプランを作ったけれど、どうしても予算がオーバーしてしまう。
そんなときに、少しの工夫ではみ出してしまった余分なお金を削減し、予算を抑える方法を考えてみましょう。

 

テキストは、雑誌「群馬の注文住宅2016夏秋号」です。

SUUMO注文住宅 群馬で建てる 2016年夏秋号
講師は、一級建築士の佐川旭氏。
自身が主宰する建築研究所の所長でありながら、住宅や間取りに関する著作も多く出版しているこの道のエキスパートです。

 

対策1:家の形や間取りを出来るだけシンプルにする

家の外観に関しては、それぞれ好みもありますので、どれが一番良いとはなかなか言えません。
しかし、こと予算を抑えるというポイントに立って言うならば「シンプルであることがベスト」ということになります。

コストを抑えるなら総2階がベスト

1階と2階の面積が同じ、いわゆる総2階の家は、壁の形に凹凸もなく、極めてシンプルな作りです。
見方によれば「面白味がない」ということにもなるかもしれませんが、コストパフォーマンスは抜群です。

 

総2階の場合、屋根、基礎、外壁などすべての部分で施工面積が少なくなるため、材料費や人件費を抑えることが可能になります。

逆に同じ延べ床面積でも、広めの一階の上に小さめの二階が乗っているような家は、コストがかかるということです。

屋根の形状もできるだけシンプルに

yane

コストダウンが行える部分となると、屋根も大きなポイントの一つです。
工事費が安く抑えられるタイプは、一方が高く一気に下へ流れていく「片流れ屋根」やスタンダードな山型タイプの「切妻屋根」といったものです。

 

最近は、大きな太陽光パネルを屋根に設置する家が増えているためか、片流れ屋根を採用したダイナミックな雰囲気の家もよく見られるようになった気がします。

ちなみに我が家はシンプルな切妻屋根で片側に太陽光パネルが乗っています。

 

水回りは出来るだけ一カ所にまとめる。

ff1c8f34b27c02341133357644a86543_s

お風呂、キッチン、トイレなども工夫次第でコストダウンが行えるポイントです。
水道などの給排水管を短くできれば、材料費も人件費も抑えられます。
そのためには、水回りを一カ所にまとめることが必要です。
また、上下水道やガス管のある道路の近くに水回りをまとめることで、引き込み設備の距離を短くできるので、それもコストダウンにつながるそうです。

 

バスルーム、脱衣所(洗濯機あり)、キッチンなどを一カ所にまとめることで、家事導線をスムーズになり、作業効率や利便性を上がることにもつながり一石二鳥。
我が家もバスルーム、脱衣所、キッチン、パントリー、ウッドデッキが一直線になっているため、家事導線という面では非常に使い勝手が良いです。
また、バスルームの横はトイレになっており、水回りもしっかりと一カ所にまとめてあります。

 

バスルームの上には2階のトイレがあり、これも水回りを一カ所にまとめるテクニックのひとつ。また、水回りを一カ所に集めておくことで、修理やリフォームなどメンテナンスもやりやすくなります。

 

このように、コスト削減のキーワードは「シンプル」ということになるようです。
いろいろと凝った外観や間取りにしてみたいという気持ちは分かりますが、結局住んでみると、シンプルで分かりやすい物の方が、暮らしやすく、飽きがこないというのは往々にしてあることです。

対策2:部屋の広さを考えて間取りを工夫する

402bfa6207d5bc5c8540d4abdac645e9_s

核家族化の進んでいる現代では、二世帯住宅などでなければ、基本的には夫婦と子どもを合わせた3〜5人の家族構成というのが一番多いでしょう。
そういった家族の場合、一般的な家の広さとしてはだいたい32〜35坪程度が目安となります。
シンプルな総2階であれば、1・2階ともに16坪の家ということになります。

通常、一階には玄関、キッチン、トイレ、バスルーム、リビング、ダイニングなどが配置されます。
そして、二階は寝室や子ども部屋。
1坪を約2畳と考えて、それぞれの部屋の広さはどのくらいが理想かを考えて、間取りをプランニングします。

 

間仕切りの仕方でスペースが変わる

家の間取りは、部屋の広さをどうするか、間仕切りをどうするかで、様々な変わってきます。
これは家を建てる人の「理想の暮らし方」にも大きく関係してきます。
家族の団らんを重視し、できるだけ間仕切りを少なくして、広々としたオープンな間取りを作れば、材料費や工事費の面では非常に有利になり、コストダウンが可能になります。
ただ、個人のプライバシーという点では、マイナスポイントもあるでしょう。

 

我が家は、リビングとダイニングキッチンが一つながりの横に長い部屋となっています。リビングとダイニングの間につっかえ棒をして、カーテンを吊し、簡易的な間仕切りを作っています。
そうすることで、部屋を仕切ることもできますし、冷暖房効率に貢献することも可能です。
もし必要なければとってしまえば住むので、手軽です。

 

2階には将来子ども部屋にと考えている部屋がありますが、現在は12畳の大きな部屋で家族3人の寝室になっています。
ドアが二つ設置されていて、部屋の中央に、あらかじめ間仕切りの壁が設置できるよう工夫されています。
子どもが将来自分の部屋を持つようになったら、そこをリフォームして壁を作り、部屋を2つに分けようと考えています。

このように、家族構成や子どもの成長に合わせて、家も改良やカスタマイズを加えていくのが、よりよい暮らしにつながっていくのだと思います。

部屋を作らずスペースを活用する

壁で仕切った部屋を作るのではなく、広いスペースの一角を活用して、「部屋と同等の機能を持つ空間」を作るのも一つの方法です。

例えば、リビングの窓際にデスクを設置してワークコーナーにする。

パソコンを置いたり、子どもたちの宿題スペースとしても活用できます。

 

デッドスペースになりがちな階段下にも書棚や収納を作ってライブラリーにしたり、こういった場所を小さな書斎として活用している人もいらっしゃいます。

敷地が広くても狭くても、限りあるスペースは有効的に利用したいところ。

そういった空間の活用には「お金ではなく頭を使う」という方法で、チャレンジしてみるのが良いでしょう。

自慢のマイホームになるかどうかは、あなた自身のアイデアも重要だということです。

対策3:建築材料の品質、設備の必要度をチェックする

bcd6a495178d9dcc943d62cf08a99536_s

マイホーム建設の費用というのは、間取りや大きさの他にも、どんな部材を使って建設されるか、またどんなグレードの設備を設置するかによっても大きく異なります。

ショールームや住宅展示場に行くと、それはもキラキラと輝く立派な家が立ち並び、外観も内装もすばらしいですので、ついつい「あれもこれも」と付け加えたくなってしまいますが、残念ながら、それでは予算オーバーしてしまいます。

 

重要なのは「自分たちにとって必要なものは何か」を考えて、しっかり優先順位をつけることです。

料理が好きな奥様にとっては、やはり使い勝手の良いキッチンというのは重要ポイントでしょう。

家族の団らんには、広いリビングはもちろん、大きな窓にウッドデッキもあると最高の環境かも知れません。

自分たちが新しい家で過ごすイメージ、過ごしたい状況を想像して、必要なものは何かを見極めることが重要です。

これ必要?新築マイホームによくある設備

新しく家を建てるとなると、それはもう設備関係のカタログだけでもたっぷりと分厚く、決めなければならないことはたくさんあります。

中でも、「人気だけれども、我が家には必要かしら?」と迷うのが以下のような設備。

全自動食器洗い乾燥機は必要?

使ってみて始めて便利さがわかるのが食器洗い乾燥機。

我が家のシステムキッチンにもついていますが、洗い物担当の僕としては「非常に助かる文明の力」であると思っています。

何より面倒な食器洗いを勝手に機械がやってくれて、乾燥までしてくれる。特に、温風で乾燥させますので、雑菌なども一緒にやっつけてくれそうなのが、小さい子どもがいる身としては安心です。

もちろん、水道代の節約という面も大きいかと思います。

 

ただ、我が家は家族の食事時間が同じなので効率よく使えますが、食事時間がバラバラで片付けもバラバラ、一度に食器が洗えないという場合は、逆に不効率かも知れません

浴室テレビやミストサウナは必要?

a7c80c663130ef994fc1839fead0bb50_s

マイホーム新築を機会にお風呂タイムを充実させたいという人は男女問わず多いでしょう。

その中でも人気の設備が浴室テレビやミストサウナ・ジェットバスなどだと思います。

我が家にも浴室テレビはついていますが、僕自身それほどゆっくりお風呂につかるタイプではないので、ちょっと長湯の時に眺めたり、どうしても観たいテレビ(サッカーとか)をやっている時に子どもをお風呂にいれなければならないという場合に観たりします。

でもあったらあったで、「なんだか満ち足りた気持ち」になるのが浴室テレビですね。

 

ミストサウナやジェットバスでリラックスタイムを過ごしたいという人は多いようですが、このタイプのオプションはかなりメンテンナンスが大変なようです。

しっかり掃除などをしてやらないとカビが生えたり、雑菌が増殖したりと、ハウスメーカーのカタログには載っていないデメリットも多いようなので、導入する際は慎重に。

床暖房は必要?

最近は標準装備でスポット的に、リビングやキッチンなどに床暖房を入れてくれる新築プランも多いようです。

特に冬寒い地域では、床暖房があると暖かそうでいいですよね。

しかし、よく考えて設置しないと、結局面積が小さくて意味がなかったり、かなり電気代をくうので生活コストが増大してしまったりということもあるので、こちらも将来性もよく考えて導入した方が良い設備です。

家の中でも、用途に応じて、建材や設備を使い分ける

1a869dcc402d1259bba43f640497ea89_s

例えば床のフローリング材。

天然素材のムク材は風合いも良く、理想にぴったりだけどちょっと高い。

そんな場合は、1階の普段長い時間を過ごすリビングやお客様が入る部屋については、高級感のあるムク材。

二階などは安価で機能的な床建材を使うなど、用途や使用状況に合わせて、変えてみるのも良い方法です。

1階と2階のトイレに差をつけた

我が家は2階建てなので、それぞれの階にトイレがありますが、

1階はトイレスペースも広くして、手洗い場を設け、タンクレスのかなり高級なトイレを導入しました。近づくと自動で便座が上がるやつです。

対して、2階は通常のタンク式トイレ。

やはり1階の方が使用頻度は高いですし、来客も利用するので、このようにしてコストダウンと満足度のバランスをとってあります。

今回のまとめ

理想のマイホームづくりには、夢と希望がありますが、それを現実に引き戻すのが「予算」という大きな壁。

どうせ建てるなら良い家をとは誰もが思うものですが、しっかりと資金計画を建てて無理の無いプランを作らないと、後々困るのはやはり自分たちです。

限られた予算の中で、どうやって理想のマイホームを造り上げるか。

それが家造りの大変などころでもあり、楽しい所でもあるのです。

 

理想の家をつくるには、やはりそれを建ててくれるハウスメーカーの協力は絶対に必要不可欠です。

そのためには信頼できるハウスメーカー、そして家造りをまかせられる担当者に出会うことが重要です。家造りはとにかく、信頼が大事です。

そして、信頼できるハウスメーカーに出会えたら、彼らに自分たちの希望や予算、優先順位をしっかりと伝え、それに基づいた現実的なプランを作ってもらいましょう。

そこをスタートにして、改良を加えていけば、より効率的に、予算をオーバーすることなく理想のマイホームに近づけるはずです。

 

マイホームのカタチが描けたら、希望に沿ってプロが作る理想の間取りプランを手に入れよう!

効率的に家づくりをするためには、効率的な情報収集が必須です。

こんな家が良い、予算はこのくらいというイメージが出来ているなら、気になるハウスメーカーに自分たちの希望・要望を満たすようなプランの提案を申し込んでみましょう。

その際、効果的に複数のハウスメーカーが比較・検討できたらとても便利です。

そのための方法として活用すべきなのが「同一の予算、希望を伝えてプランを作成してもらい、その内容を比較する」というものです。

いわゆる「相見積もり」の典型的な形ですが、同じ基準でそれぞれの提案を比較し、優劣をつけるにはこの方法がベストです。

この手法を効率よく行うには、インターネット申し込みによる一括資料請求が有効的です。そういったサービスの中でも、家を建てたい人の希望に沿った完全オリジナルのプランを作ってくれるのがタウンライフ家づくりです。

スクリーンショット(2016-07-07-14.13.16)

一戸建て注文住宅の無料一括資料請求サービス「タウンライフ家づくり」の驚くべきところは、「あんな家が建てたい!こんな家にしたい!」という要望を伝えると、希望するハウスメーカー(地域ごとに自由に選択可能)にその情報を伝えてくれ、ハウスメーカーが資料請求をした方専用にオリジナルの「間取りプラン、注文住宅費用の資金計画書、土地探し情報」をまとめた資料を送ってくれること。

 

 

一戸建て注文住宅を建てたいと思っている方は、ある程度、希望の家の概要を家族で話し合いまとめてから「タウンライフ家づくり」を利用してみることをおすすめします。

自分が住んでいる、家を建てたい土地ごとに、希望するハウスメーカーを選んで資料請求できるので、非常に使い勝手が良いです。

幸せ一戸建て計画を、この資料請求から始めてみましょう!

 

 

-テクニック, 注文住宅
-, ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.