間取りの工夫 間取りプラン

生活動線は「短く」が基本/LDK中心に家族構成と生活スタイルに合わせて

 

※当記事は「PR」宣伝活動を含みます

生活動線は「短く」が基本/LDK中心に家族構成と生活スタイルに合わせて

新築一戸建ての間取りで考慮すべき「生活動線」とは

新築一戸建ての間取りを考える場合、必ず考慮しなければならないのが「生活動線」です。
生活動線とは、そこで暮らす家族が、日々の生活の中で「どのように室内を移動できれば、より快適に過ごせるか」を考えるためのシミュレーションです。

その基本は「生活動線はできるだけ短く」となります。

生活動線はリビング・LDKを中心に考える

家の中心は多くの場合、リビングになります。
家族団らんの場であるリビングはLDKとして「リビンク・ダイニング・キッチン」がひとつながりになっている場合が多いでしょう。
このLDKからどのように生活動線を伸ばしていいくか、それが考え方の基本となります。

生活動線はリビング・LDKを中心に考える

LDKを基準に、玄関の位置、トイレの位置、お風呂場・洗面室の位置、家族のプライベート居室の位置などを決めていく訳ですが、その「移動距離」ができるだけ短い方が利便性は上がります。

例えば、キッチンの横にパントリーがあり、その脇のドアからすぐに洗面室やランドリールームに移動できるとしたら、家事はスムーズに進められます。

玄関からリビングに移動するルートとは別に、直接洗面スペースに移動できるよう動線を作っておくのも便利です。
子どもたちが帰宅したら、まずは手を洗い、それからリビングに入ってくるという生活習慣を身につけるにはもっとこいの間取りでしょう。

しかし、動線は短ければ良いというものでもありません。
例えば、リビングにトイレやバスルームが近すぎると、その音が漏れ聞こえて来るという場合も多々あります。
もし、夜勤など不規則な時間帯にお仕事をするご家族がいる場合は、その出入りなども考慮して間取りを検討し、必要なら「あえて」動線を長くするために廊下を設置するなどの工夫も必要です。

重視したい家事動線と取り入れたい回遊動線

重視したい家事動線と取り入れたい回遊動線

動線を考える場合、まず検討したいのは家事動線についてです。
家事は、キッチン、水回り、玄関、物干し場と家の中を縦横無尽に動き回りますので、その導線をすっきりさせておくことで、家事ストレスを軽減させることが可能になります。
多くの場合、家事を担当されるのは奥様かと思いますが、家事は家族の動きや生活スタイルにも影響を受けますので、「どんな風に動けるのが一番快適か」を考えつつ、各部屋をつなぎ合わせていくのが良いでしょう。

また、現在の住宅は「回遊性」の高い動線を重視する傾向にあります。
一つの部屋に2つの出入り口を作ったり、できるだけ廊下などの無駄なスペースをなくすことで、「どこからでもどの部屋にも移動しやすい動線」を作ります。
生活の動きがスムーズになるのはもちろん、「朝の渋滞」なども起こりにくくなり、毎日の生活が活発な子育て世代の一戸建てでは、取り入れて損はない機能と言えるでしょう。

関連記事
間取りの研究と事例集【失敗しない間取りの作り方と基礎知識】
間取り作りの基本を学ぶ【平屋・2階建て】家事動線やリビングの作り方

続きを見る

つなぎの部屋をうまく活用する【玄関収納・ウォークインクローゼット・ユーティリティルーム】

生活動線の機能性を高めるためには「つなぎの部屋」を上手く活用するのがおすすめです。
例えば、玄関とリビング・キッチンをつなぐ「玄関収納」や、メイン寝室とリビングをつなぐ「ウォークインクローゼット」、キッチンと洗面室をつなぐ「ユーティリティールーム」など、特別な機能をもちつつ、複数の部屋をつなげる役目を持った面白い部屋がたくさんあります。
そういった機能性の高い部屋を「つなぎ」として利用することで、生活動線をよりスムーズにすることが可能になります。

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

ローコスト

狭小住宅

平屋

二世帯

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりを始めたばかりの頃にやるべきことは「情報収集」です。
新築一戸建てを建てたお友達の家を訪ねてみるのもよし、住宅展示場に行ってみるのもよし。
そういった情報収集の「はじめの一歩」としておすすめしたいのが「資料請求サービス」です。

一戸建て家づくりの資料請求サービスは、希望に応じて間取りプランや資金計画のプランを作成してくれたり、土地を探してくれたり、カタログを送ってくれたりと、どれも至れり尽くせり。
様々な「住宅資料請求サービス」がありますが、今回は当ブログがおすすめする厳選3サービスをご紹介します。

解説記事を読んでみる!

間取り作成サービスの使い方

家づくりには必須の「無料間取り図作成サービス」ですが、やみくもに依頼しても上手く行きません。
キーワードは「土地があるかないか」です。
間取り作成サービスの正しい使い方を徹底解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

解説記事を読んでみる!

-間取りの工夫, 間取りプラン
-, ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2022 All Rights Reserved.