間取りの研究

【新築一戸建ての間取り】富士住建の「成長する玄関」はシューズクロークとして使える?

更新日:

スクリーンショット 2015-09-07 18.22.36

完全フル装備の家でおなじみの「富士住建」が、新商品を出しましたね。その名も「成長する玄関」

要するに、「かなり大きい、もはや部屋と呼べるシューズクローク」なのですが、果たしてこの装備、あり?それともなし?

[toc]

シューズクロークはぜったい欲しい設備

わが家の一戸建て建設計画においては、「シューズクローク」は必須装備として考えられています。

シューズクロークは、玄関の横にある物置のようなもので、そこに家人の靴やベビーカー、自転車などを置いておくことで、いつも玄関をすっきりさせられるという素敵なお部屋です。

そこへ来て登場した富士住建の「成長する玄関」。

写真を見て分かる通り、玄関に通じたかなり広めの土間+部屋で壁には収納スペース、その横には、何やら自転車やヘルメットなどを吊るしておける棚もあります。

左にあるドアからは当然、室内に入ることができます。

こちらイメージ間取り。

スクリーンショット 2015-09-07 18.22.42

これを見ただけでもかなり広いことが分かりますね。

富士住建のお風呂は1.5坪ですから、それより広いのは間違いありません。2坪くらいはあるのでしょうか。

確かに、これだけのスペースをシューズクロークとして使えれば、かなり便利です。

靴を置いたり、コートや雨具も置いておけます。

花粉の時期は、室内に花粉付きコートを入れなくて済みますね。

将来、我が息子がサッカーなど始めた時には、この場所でドロドロになったユニフォームを脱がせ、すっぽんぽんでお風呂に直行させられます。

ああ、なんて便利。

しかし気になるのはやはり、その「大きすぎるサイズ」と値段。

お風呂のサイズは1.5坪で変更すると高くなるという奇特なシステムを持っている富士住建ですので、おそらく、「成長する玄関」もこれが標準サイズなのだと推測できます。

だとすると、それだけでかなり坪数が増えてしまうことにもなりますので、当然、値段にも影響してくることでしょう。

その辺りの情報を集めなければなりませんね。

むむむ。

-間取りの研究
-, , , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.