家づくりの悩み

20代で早く家を買う気なら「気持ち、お金、将来設計」を考えるべし

20代で早く家を買う気なら「気持ち、お金、将来設計」を考えるべし

20代で早く家を買う気なら、考えなければならない3つの重要ポイント

晩婚化が進んだ現代日本では、当然、家を買う年齢も遅くなりがちである。
そのピークは30代から40代。20代で家を買うというのは、早い事例と言えるだろう。
20代に限らず、「早く家を買う」時に必ずじっくりと考えておくべき3つのポイントがある。
それは

ポイント

  1. 早く家を建てたい熱い気持ちがあるか、強い理由があるか
  2. 家を買うための十分なお金を用意できるか
  3. 今すぐ家を買っても問題ない将来設計がうっすらと見えているか

では、詳しく見ていこう。

①早く家を建てたい熱い気持ち、もしくは買わねばならぬ理由があるか。

家づくりはある意味勢いである。どんな家を買うか、どんな家にするか。決めること、考えることは山ほどあり、その先には「莫大なローンを背負う」という大きすぎるプレッシャーがある。
家は一生に一度の大きな買い物というが、それを決断し、実行するためには「家が欲しいという熱く、強い気持ち」が必要である。
例えば「マイホームを買って、家族で暮らすのが夢だった」という人もいるだろう。母子家庭で、自分を苦労して育ててくれたお母さんに、二世帯住宅を建てて親孝行したいという若者もいるかもしれない。
そういう「早く家が欲しい、自分の持ち家を建てたい」という熱い気持ちが、今のあなたにあるかどうかだ。

「家を建てた方が幸せに暮らせる、今こそ家を建てるべき理由がある」という場合も考えられる。
例えば、早く結婚していれば、20代ですでに子どもが大きくなっていることもあるだろう。子どもが小学生に入学するタイミングで家を買い、定住先を決めるというのはよくある「家を建てる理由」である。

また、男の子の兄弟など「とにかくやかましいコントロール不能な怪獣」がいる場合、賃貸住宅では「壊される、うるさいと苦情を言われる」といったリスクがあるので、早々に持ち家に引っ越したいと考える家族も多い。

また、急激に家を買いたいという気持ちが盛り上がる場合がある。それは「よい物件を見つけちゃった時」である。

何となく「ああ、家が欲しいなー」と思っている時に、ネットや通勤途中に「掘り出し物の良物件」である土地や分譲住宅などを見つけてしまうと、ついつい「ああ、あれ欲しい、絶対欲しい」という気持ちが高まってしまうことがある。
土地や分譲住宅、中古住宅は基本的に一点ものなので、それを逃してしまうと、もう二度と手に入らない可能性が高い。
「今、買わないと後悔するかも」このあせりが強い購買意欲を生み、「家を買うという大決断」に踏み切る勇気を与えてくれるのである。

②家を買うためのお金があるか。貯金、自己資金、援助、無理のない住宅ローン。

家を買うためには、大金が必要である。
20代で早く家を買う場合に一番ネックとなるのが、住宅購入資金の問題だろう。
給料の上がらない今の時代、20代で結婚し、子育てもしながら十分な貯蓄もあるという人は、サッカー元日本代表・長谷部誠クラスの心が整った真面目人間だと言える。

家を購入する際は、当然、住宅ローンを組む。
「返済者に優しすぎる借金」である住宅ローンは、金利も安く、借りて損はない借金ではあるが、その額がなるべく少ない方が、返済が楽であることは間違いない。
そのためには頭金=自己資金をどれだけ多く用意できるかも大きなポイントだ。
貯金、親からの援助、宝くじの当選金額、万馬券など、自己資金に当てられるお金は多々ある。
家の購入資金だけではなく、引っ越しや家財道具などにもお金はかかるので、使える予算がたくさんあるに越したことはない。

自己資金がなくても、借りられる住宅ローンの額が少なくても、家は買える。
一戸建て住宅にもピンからキリまであり、1000万円台、それ以下で買える家もない訳ではない。
住宅会社もそういった「低価格の家」のニーズがあることはわかっているので商品には加えているが、当然「安い分だけ、品質は低い」ことを理解しなければならない。

4000万円の家と1000万円の家が、当然同じ訳がない。ただ、高い家だったらか「住んでみて感じた満足度」が高いかといえば、必ずしもそうとは限らないだろう
予算ぎりぎりで買った安価な家でも、自分たちのこだわりやライフスタイルに合致し、何より家族が幸せに暮らせているのであれば、それは「よい買い物だった」と断言できるはずだ。

③家を早く買った後の将来設計はどうなっているのか。独立開業を考えているなら、家はまだ買うな!

家を早く買うということは、少なくともしばらくは、その土地に住み続けるということだ。
「家を買ったら転勤になった」というのでは、悲しすぎる。
もちろん、それも折り込み済みで、夫は単身赴任前提、妻と子どもは暮らしやすい土地(例えば実家の近くとか)に一戸建てで暮らすという選択をしている夫婦も確かに存在する。
私の知人は、夫が千葉県勤務、一家は埼玉県に一戸建てを買い、夫は週末だけ帰ってくるという生活を送っている。

現代日本の不安定な社会では、いつ何時、会社が倒産したりリストラされたりして、職や給与を失うかわからない。
もちろん、フリーランスや会社経営者もしかりである。
未来は誰にもわからないが、家を買うのであれば、ある程度の将来設計はしておくべきだろう。

例えば、現在は会社員だが、将来は独立して開業をしたり、ビジネスをしたいと考えている人は、タイミングを良く見て家を買うべきだ。
フリーランスや会社経営者は、住宅ローン審査で非常に不利になる。
その点、毎月の給与が保証されている会社員は強い。

夫が会社員、妻が看護士というのが、住宅ローン業界では最強クラスの「鉄板でローンがおりますよ夫婦」の職業である。
もちろん、その上をいくのが「公務員」であることはいうまでもない。

もし、将来独立を考えているのであれば、「会社員時代に住宅ローンを借りてから、独立」というのが勝利の方程式である。
会社員として、安定した給与、福利厚生の状況で住宅購入資金を貯蓄し、何かと時間と手間がかかる家づくりも勤め人の間に進めていく。そして、最終的に住宅ローンの審査が通って、無事に家を買うことができたら、さっさと会社をやめて独立しよう。

私の周りのフリーランサーは、皆、その方法で住宅ローンを「ゲットだぜ!」している。

また、親の「家・土地」問題がある場合も、気をつけなければならない。
親の家や土地を相続する、または譲り受けて家を建てるというのは、地方ではよくあることである。
土地があるだけでも、家づくりの負担は大きく減り、その分、建物や家財道具、外こうなどに予算を割くことができる。

まとめ:リスクのない家づくりはない。デメリットばかり考えるな

まとめ

一生に一度の大きな買い物「住宅購入」を、まだ社会人経験も少なく、貯蓄もそれほどなく、もうちょっと遊びたいと思っている20代のうちに購入するのは、非常に勇気のいる決断だ。
当然、大金が動くことなので、様々なリスクはある。
だが、しかし、20代で買おうが、80代で買おうが、「リスクのない住宅購入」などあり得ない。

だからこそ「早く家を買うデメリット」ばかりを気にしていては、なにもできない。
「家を買いたいという気持ち」と「家を買うだけの資金を用意できる可能性」と「その家で暮らしていく未来が想像できる」のであれば、家づくりに向けて一歩を踏み出してみてはどうだろうか。

例え、「今回はやめておこう」となった時も、家づくりをやってみたという経験は、後々、本当に家を建てる時にきっと役立つものである。

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

家づくり開始!
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

続きを見る

試しに記事を読んでみる

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

新築一戸建て

平屋

ローコスト

3階建て

二世帯

輸入住宅

高気密高断熱

木の家

狭小住宅

ZEH住宅

-家づくりの悩み
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.