家づくりの悩み 注文住宅

家を建てる費用を考える【良い家を安く買うための傾向と対策】

 

※当記事は「PR」宣伝活動を含みます

家を建てる費用を考える【良い家を安く買うための傾向と対策】

相見積もりで新築一戸建ての費用を安くするために必ずやるべきこと

新築一戸建てマイホームを建ててもらうハウスメーカーを決める時は、複数の会社に見積もりを出してもらう「相見積もり」をして、比較をするのがベスト
同じような条件で出してもらった見積もりを元にして比較検討することで「より良く、より安く」家を建ててくれるハウスメーカーを選ぶことができます。

その相見積もりを成功させるためには、「家づくりの条件」を整える必要があります。
とはいえ、ハウスメーカーごとに建てる家や工法にも違いがあり、すべてを同じ条件で比較することなどできません。
そこであなたがやるべきなのは「同じ間取りで家を建てた場合、どのようなプランや見積もりが出てくるか」で比較をするという手法です。

つまり、あなた方ご家族が「こういう家に住みたい」という一戸建て住宅の間取りを考え、「この間取りプランを元にして、提案と見積もりをお願いします」と複数のハウスメーカーに依頼するのです。

すると、「同じ条件=同じ間取りプラン」を基本としつつ、各ハウスメーカーの特徴や強みがプラスされた間取りプラン・見積もりが複数提示されます。
あとは家族会議を開いて、「さあ、どのハウスメーカーにしようか」とわいわい楽しみながら検討を重ねるのみです。

相見積もりで新築一戸建ての費用を安くするために必ずやるべきこと
相見積もりで新築一戸建ての費用を安くするために必ずやるべきこと

続きを見る

【注文住宅】家を建てる見積もりは何社必要?に答える必読3パターン

理想のマイホームを建てるべくハウスメーカーのショールームや住宅展示場、完成見学会などを回っていると、次第に「このハウスメーカーの建てる家はいいな」と候補が絞られてきます。 そうなると、次のステップは「新築注文住宅の見積もり依頼」ということになります。

ハウスメーカーから注文住宅の見積もりをもらう場合、何社くらい比較する必要があるのか?というのは悩みどころ。多くても迷ってしまうし、少ないと比較になりません。見積もり書は、間取り図と並び、あなただけの理想のマイホームを建てるための大事なオーダメイドの資料ですので、見積もり依頼は慎重かつ大胆に行う必要があります。

注文住宅の見積もりは何社に依頼したら良いのか。その答えを一緒に考えてみましょう。

新築一戸建ての見積もりは何社比較したら良い?
【注文住宅】家を建てる見積もりは何社必要?に答える必読3パターン

続きを見る

家を建てる費用の内訳を知ると、どこを安くできるかが見えてくる!

注文住宅の新築一戸建てで家を建てるという目標を持っている皆さんは、当然、「できるだけ安く、良い家が欲しい」と思っていますよね。それは当たり前です。では、具体的に理想のマイホームを維持しつつ、できる限り安くするにはどうしたら良いのか?まずは、家を建てる費用がどうなっているのか、細かく内訳を知ることが大切です。

家を建てるのにどんな費用が必要で、自分が理想とする家を建てるにはどのくらい必要になっているのかを見積書などで確認すると、「ここがかかりすぎ、もっと削減できる!」というポイントが見えてきます。

今回は、家を建てる費用の内訳に関する基礎知識と、具体的にコストダウンを行うためのポイントを見ていきましょう。

家を建てる費用は「頭金+借入金」で計算し、見積もり比較で安くする!
家を建てる費用の内訳を知ると、どこを安くできるかが見えてくる!

続きを見る

新築注文住宅の費用を抑える具体的な3つの方法【コスト削減案】

自分たちが思い描く完璧な新築注文住宅を建てたいというのは誰もが望むことですが、必ずネックとなるのが「費用」です。

お金がたっぷりあって、糸目はつけないということであれば史上最高の理想の家が完成するかも知れませんが、通常、どの家庭でも費用には上限があります。

一生懸命考えて、家族の意見を聞き、理想のマイホームを建てるためのプランを作ったけれど、どうしても費用がオーバーしてしまう。

そんなときに、少しの工夫ではみ出してしまった余分な建築費用を削減し、新築注文住宅を建築する費用を抑える具体的な方法を3つご紹介します。

その3つとは、 

  1. 家の形や間取りをできるだけシンプルにする
  2. 間取りを工夫する
  3. 材料の品質、設備の必要度をチェックする

となります。

新築注文住宅の費用を抑える具体的な3つの方法【コスト削減案】
新築注文住宅の費用を抑える具体的な3つの方法【コスト削減案】

続きを見る

注文住宅は優先順位を決めて建てる!費用削減は4つのポイントで実現

新築注文住宅を建てるには、当然ながらたくさんのお金がかかります。

できるだけ安く、快適で住みやすい理想のマイホームを建てたい!それが家づくりをしている皆さん共通の願いだと思います。

しかし、家づくりに使える費用には限りがありますので、その中でいろいろと工夫をして「最高の答え」を見つけなければなりません。

今回は、限られた費用の中で最高の新築注文住宅を建てるために、お金をかける部分の優先順位を決めて、それを元に家づくりを進め、ムダを省いて費用を削減する方法について考えていきましょう。

優先順位を考えるポイントはこちら。

  1. 家の外観や形をどうする?
  2. 間取りをどうする?
  3. 光熱費のランニングコストをどうする?
  4. ライフスタイルの変化をどうする?

では、スタートです!

注文住宅は優先順位を決めて建てる!費用削減は4つのポイントで実現
注文住宅は優先順位を決めて建てる!費用削減は4つのポイントで実現

続きを見る

注文住宅の費用実例を紹介【新築一戸建て建築費の平均は◯◯万円】

よし、家を建てよう!そう考えた時にまず考えるのは、

どこに建てようか?どんな家を建てようか?どんな間取りにしようか?

といった家の中身に関する内容かと思います。

しかし冷静に考えた場合、最も重要で、まず考えるべきは「家を建てるお金をどうするか」ということでしょう。

いくら壮大な夢や完璧な理想の家プランがあっても、それを実現させるだけの費用がなければ、単なる夢物語で終わります。

  • 家を建てる費用をどうやって捻出するのか?
  • コストダウンのためにやったことは?
  • ローンのタイプはどれにしたら良いの?

こういった新築注文住宅を建てる場合の費用実例を、「実際に一戸建てを建てた人のアンケート」を元に考えてみましょう。

注文住宅の費用実例を紹介【新築一戸建て建築費の平均は◯◯万円】
注文住宅の費用実例を紹介【新築一戸建て建築費の平均は◯◯万円】

続きを見る

家を建てる費用は「頭金+借入金」で計算し、見積もり比較で安くする!

注文住宅を建てようと、家づくりをはじめた皆さんは、ハウスメーカーの資料集めや展示場巡りなど、夢のマイホームに向けて楽しい日々を過ごしていることでしょう。

しかし、浮かれてちゃだめだっ!

皆さんは今、「どんな家にしようかしら〜ふふふんふーん」と浮かれ気分ですが、家づくりの現実はそうそう甘くありません。理想のマイホームを想像するのは大いに結構ですが、家を建てるには当たり前ですがお金がかかります。しかも数千万円という大金です。皆さんが今、「どんな家を建てるか」を考えると同時に、「家を建てるための費用をいくらにするか」というシビアな現実とも向かわなければなりません。

費用が1000万円しかないのか、5000万円あるのか。その金額によって、建つ家のすべてが変わりますし、住心地も満足度も違ってきます。人生に一度の家づくりで大失敗しないためには、「一戸建て建設の費用を極める」ことも重要です。

この記事では、一戸建て注文住宅で家を建てる場合の費用決めの基本と、相見積もりを利用した費用をできる限り安くする手法、コストカットのテクニックをご紹介します。

家を建てる費用は「頭金+借入金」で計算し、見積もり比較で安くする!

続きを見る

【3000万円の家】気になる間取りを平屋・2階建て・2世帯住宅・夫婦のみの4パターンで事例紹介

新築一戸建ての建築予算として「3000万円くらいなら」というのは、よく考えるポイントではあると思います。

もちろん地域によって物件価格は大きく変わるでしょうが、私の住んでいる某地方都市では、土地の価格はそれほど高くありませんので、ある程度、建物の方にお金をかけられます。

相場としては2500万円〜3000万円(建物の費用)あれば、「ああ、良い家が建ったなあ」とものすごく満足できる家ができあがるイメージです。

では、3000万円でどんな家が建てられるのか?

今回のコラムでは、①平屋、②2階建て、③2世帯住宅、④夫婦のみという4つのカテゴリーに分けて「3000万円で建てた家」の事例を検証していきましょう。

【3000万円の家】気になる間取りを平屋・2階建て・2世帯住宅・夫婦のみの4パターンで事例紹介
【3000万円の家】気になる間取りを平屋・2階建て・2世帯住宅・夫婦のみの4パターンで事例紹介

続きを見る

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

ローコスト

狭小住宅

平屋

二世帯

間取り作成サービスの使い方

家づくりには必須の「無料間取り図作成サービス」ですが、やみくもに依頼しても上手く行きません。
キーワードは「土地があるかないか」です。
間取り作成サービスの正しい使い方を徹底解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

解説記事を読んでみる!

-家づくりの悩み, 注文住宅
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2022 All Rights Reserved.