注文住宅

一戸建て間取りの「家事動線」解説記事まとめ/家事ラク間取りを実現するポイント

 

※当記事は「PR」宣伝活動を含みます

一戸建て間取りの「家事動線」解説記事まとめ/家事ラク間取りを実現するポイント

家事動線良好なランドリールームのある間取り③パターン【ポイントは距離と機能性】

家事で最も重労働なのが「洗濯」です。
あふれる家族の衣服を洗い、水を吸って重たくなった洗濯物を干す。そして乾いたら取り込んで、たたみ、収納する。
やってみるとわかりますが、これが本当に手間がかかる。
その家事負担を少しでも軽くして、効率よく作業をするために、間取りを作る時点からしっかりと考えていきましょう。

今回は、家事動線をスムーズにできるランドリールームが設置された一戸建ての間取りを見ていきましょう。

家事動線良好なランドリールームのある間取り③パターン【ポイントは距離と機能性】
家事動線良好なランドリールームのある間取り③パターン【ポイントは距離と機能性】

続きを見る

キッチンとダイニングが横並びの間取り【平屋・2階・3階】食に関する家事が断然楽ちんに!

LDKの配置として、もっとも人気があるのはやはり対面式ですが、キッチンとダイニングを「横並び」にすることのメリットも考えておく必要があります。

ずばり、キッチンとダイニングを横並びにする最大のメリットは「家事のしやすさ」です。

キッチンは料理を作るところ、ダイニングは料理を食べるところ。
対面式の場合、基本的にダイニングはキッチンの向かい側にありますので、キッチン全体を回り込んで、料理を出す、片づける必要があります。
もちろん、誰か運んでくれる人がいるなら対面キッチン越しに渡せば良いですが、毎回そううまくはいきません。

キッチンとダイニングが横並びの場合、キッチンの隣はダイニングテーブルですから、スライド式でさっとできあがった料理を運ぶだけ。片づけも同様です。
キッチンとダイニングを一つの「食事のための空間」としてゾーニングすることで、明確に壁を作らなくても「くつろぎの場であるリビング」とエリア分けをすることが
できるという点もメリットでしょう。

では、密かな人気の「キッチンとダイニングが横並びになっている間取り事例」を確認してみましょう。

キッチンとダイニングが横並びの間取り【平屋・2階・3階】食に関する家事が断然楽ちんに!
キッチンとダイニングが横並びの間取り【平屋・2階・3階】食に関する家事が断然楽ちんに!

続きを見る

家事動線を考えた間取り【40坪】2階建て・3階建て・平屋の5パターン/ポイントは動線の長さと回遊性

注文住宅を建てる場合、ご家族それぞれの要望をしっかりと出し合いながら、「家族みんなが満足できる家」を目指すべきです。
奥様の場合、要望として多いのは当然「家事が楽にできる間取り」です。
家事をスムーズに行うためには、「家事動線」をしっかり整えつつ、家族構成や生活パターンなどにあった間取りプランを作り上げる必要があります。

今回ご紹介するのは、それぞれのご家族の事情にマッチした「家事動線」がしっかり考え抜かれた「40坪」程度の間取りです。
2階建て、3階建て、平屋の各パターンをご用意しましたので、ぜひ間取りづくりの参考にしてください。

家事動線を考えた間取り【40坪】2階建て・3階建て・平屋の5パターン/ポイントは動線の長さと回遊性
家事動線を考えた間取り【40坪】2階建て・3階建て・平屋の5パターン/ポイントは動線の長さと回遊性

続きを見る

土間のある家の間取り【30坪・4パターン】生活動線・家事動線をスムーズにする土間の上手な使い方

昭和の時代は当たり前だった「土間」はいつしか見られなくなりましたが、屋内にある「屋外スペース」とも言える土間は、マイホームにあると便利な間取りオプションであることは言うまでもありません。

家の外と中をつなげる中間地点として、家の中で外作業をしたり、逆に建物の中に外を作り出すことができる貴重な空間です。

この記事では、30坪ほどの一般的な注文住宅の中に土間を上手く取り入れ活用している間取り事例を4パターンご紹介しています。

土間のある家の間取り【30坪・4パターン】生活動線・家事動線をスムーズにする土間の上手な使い方
土間のある家の間取り【30坪・4パターン】生活動線・家事動線をスムーズにする土間の上手な使い方

続きを見る

平屋のラク家事動線間取り/サンルームやウッドデッキを洗濯干し場に

家事動線がすっきりした「ラク家事間取り」をつくる上で、「平屋住宅」は一つの候補になるでしょう。

先日、我が家の近くに新築の「L字型平屋」が完成したのですが、中が気になって仕方ありません。

平屋はもともとコンパクトに部屋がまとまっており、階段がないので上り下りがなくフラット。二階建てに比べて動線の距離は2/3程度であると言われています。

そのため、「家事動線スッキリ」の最大ポイントである「水回りを集めてひとつながりにする」作業がしやすいのですが、そこで重要になるのが「物干し場」です。

家事の中で最も行程が多く重労働なのが洗濯です。

平屋であれば、水に濡れた重い洗濯物を持って二階のバルコニーに上がるという苦労はしなくて住みますが、よくあるのが「屋外に洗濯物を干している」という風景。

ドラえもんののび太の家で、ママがよく庭に洗濯物を干していますが、あれはいただけません。

これが結論です。

平屋の物干し場は「サンルームかウッドデッキ」にする。
これが理想の平屋マイホームにとってに必要不可欠な条件です。

平屋の家事動線ポイントは物干し場【サンルームとウッドデッキ活用】
平屋のラク家事動線間取り/サンルームやウッドデッキを洗濯干し場に

続きを見る

一階に洗濯物干しがある間取りプラン。家事動線良好な洗う・干す一体型

「その家が暮らしやすい間取りかどうか」は非常に重要。特に奥様にとっては、「毎日の家事がストレスなくスムーズに出来るか」というのは、家づくり、間取りづくりという点では、一番気になるポイントでしょう。

家事でもっとも時間がかかり、重労働なものの一つが洗濯です。洗濯を「ラク家事」に変えるため必要なのは、洗濯物を「洗う・干す・しまう」をなるべくコンパクトにまとめることです。つまり、結論から言えば「洗濯物干しは一階につくるべき」ということになります。

多くの2階建て住宅は、お風呂や脱衣所は一階で、物干しスペースは二階のバルコニーという設定になっていますが、これが根本的に間違いです。一階で洗った重い洗濯ものをわざわざ二階に運んで干す。これって無駄ですよね。

洗濯をする場所と洗濯物を干す場所の距離は、なるべく短い方が仕事はかどるのは当然です。では、「一階に洗濯物干しがある間取りプランの事例」を詳しく見ていきましょう

一階に洗濯物干しがある間取りプラン。家事動線良好な洗う・干す一体型
一階に洗濯物干しがある間取りプラン。家事動線良好な洗う・干す一体型

続きを見る

ランドリールームとキッチンの家事動線を整えた「ラク家事間取り」

注文住宅の家づくりというのは、「いかに快適に過ごせる家、間取りにできるか」という点が、ものすごーく重要です。

一般的に、家の中を一番動き回るのは奥様ですよね。掃除に炊事に子育てにフル稼働する奥様(もちろん旦那さんやお子さんも)にとっては、「家事動線」をしっかりと考えた間取りプランを作ることが「快適すぎる理想のマイホーム」への近道です。

家事動線をすっきりさせて、家事が楽になる=ラク家事を実現できる間取りを目指しましょう!

「家事動線を整える」ためには、①料理=キッチン、②洗濯・風呂=バスルーム・脱衣所、③資材置場・作業場=パントリー、④洗濯物の干し場といった「家事にまつわるエリア」の配置を最適な状態にして、移動しやすく、作業しやすく、効率よく仕事ができる環境(間取り)を作ってあげる必要があります。もちろん、意図的に、狙ってです。

「整った家事動線」をあなたの家の間取りに取り入れる場合、埼玉県を中心に一戸建て注文住宅を販売している富士住建が提案しているプラン「スマートランドリー」が非常に事例として役立つので、ご紹介しちゃいましょう。

ランドリールームとキッチンの家事動線を整える間取りの工夫【富士住建】
ランドリールームとキッチンの家事動線を整えた「ラク家事間取り」

続きを見る

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

ローコスト

狭小住宅

平屋

二世帯

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりを始めたばかりの頃にやるべきことは「情報収集」です。
新築一戸建てを建てたお友達の家を訪ねてみるのもよし、住宅展示場に行ってみるのもよし。
そういった情報収集の「はじめの一歩」としておすすめしたいのが「資料請求サービス」です。

一戸建て家づくりの資料請求サービスは、希望に応じて間取りプランや資金計画のプランを作成してくれたり、土地を探してくれたり、カタログを送ってくれたりと、どれも至れり尽くせり。
様々な「住宅資料請求サービス」がありますが、今回は当ブログがおすすめする厳選3サービスをご紹介します。

解説記事を読んでみる!

間取り作成サービスの使い方

家づくりには必須の「無料間取り図作成サービス」ですが、やみくもに依頼しても上手く行きません。
キーワードは「土地があるかないか」です。
間取り作成サービスの正しい使い方を徹底解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

解説記事を読んでみる!

-注文住宅
-, , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2022 All Rights Reserved.