間取りの工夫

狭小住宅を建てる間取りのポイントまとめ【狭くても快適に暮らすコツ】

 

※当記事は「PR」宣伝活動を含みます

狭小住宅を建てる間取りのポイントまとめ【狭くても快適に暮らすコツ】

特に都会などでは、土地の値段も高く、狭いエリアに家がひしめきある住宅密集地なども多いため、敷地面積が小さい「狭小住宅」も多くなります。

土地が狭くても、しっかりと延床面積を確保し、生活動線もスムーズに、必要な設備や施主の希望を叶えられる「理想の狭小住宅」が必ずあります。

快適に暮らせる狭小住宅を建てるポイントやその間取りの特徴やアイデアをまとめた記事を厳選しました。

平屋の間取り【15坪】狭小住宅は快適?/18坪・20坪・25坪と比較してみる

独身で一戸建てを希望されている方や、子育てが終わった後にゆったりと夫婦だけで暮らせるコンパクトな家を希望している方の場合、15坪程度の平屋建てを検討されていることも多いです。

建築費用が安く、階段の上り下りもない、ほぼ良い「狭感」が逆に暮らしやすいという考え方もありますが、実際の間取りはどうなのか?本当に快適に暮らせるのか?

面積を少しずつ大きくして、18坪、20坪、25坪の平屋の間取りと比較しつつ検証したいと思います。

平屋の間取り【15坪】狭小住宅は快適?/18坪・20坪・25坪と比較してみる
平屋の間取り【15坪】狭小住宅は快適?/18坪・20坪・25坪と比較してみる

続きを見る

狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活

一戸建てといえば、「広くて大きな庭付きの家」というイメージがありますが、当然ながら、狭い土地、密集地に建つ「狭小住宅」も存在します。

家というものは「広ければ良い」訳ではなく、「狭いから暮らしづらい」という訳でもありません。すべては「そこに住む人が家に何を求めていて、どんな暮らしをしたいか」で変わります。

この記事では、10坪程度の狭小住宅=スモールハウスの間取り事例をご紹介しながら、そのポイントを解説していきたいと思います。

狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活
狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活

続きを見る

一人暮らしに最適な小さい家の間取り【平屋3パターン】趣味や好みに合わせたコンパクトかつ特徴的な間取り

生活スタイルや好みに合わせて家は造られるものですが、一人暮らしということなら、それはなおさら。

音楽が好き、映画が好き、車が好き、アウトドアが好き、雑貨が好き。

住む人の好みに合わせて専用のカスタマイズを行い「自分専用の家や間取り」を作り上げられるのが一人暮らし一戸建ての大きなメリットです。

今回は、一人暮らしの一戸建てとして多い平屋の中から、自分の趣味や好みを重視した小さな家の間取りを3パターンご紹介します。

一人暮らしに最適な小さい家の間取り【平屋3パターン】趣味や好みに合わせたコンパクトかつ特徴的な間取り
一人暮らしに最適な小さい家の間取り【平屋3パターン】趣味や好みに合わせたコンパクトかつ特徴的な間取り

続きを見る

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

ローコスト

狭小住宅

平屋

二世帯

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりを始めたばかりの頃にやるべきことは「情報収集」です。
新築一戸建てを建てたお友達の家を訪ねてみるのもよし、住宅展示場に行ってみるのもよし。
そういった情報収集の「はじめの一歩」としておすすめしたいのが「資料請求サービス」です。

一戸建て家づくりの資料請求サービスは、希望に応じて間取りプランや資金計画のプランを作成してくれたり、土地を探してくれたり、カタログを送ってくれたりと、どれも至れり尽くせり。
様々な「住宅資料請求サービス」がありますが、今回は当ブログがおすすめする厳選3サービスをご紹介します。

解説記事を読んでみる!

間取り作成サービスの使い方

家づくりには必須の「無料間取り図作成サービス」ですが、やみくもに依頼しても上手く行きません。
キーワードは「土地があるかないか」です。
間取り作成サービスの正しい使い方を徹底解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

解説記事を読んでみる!

-間取りの工夫
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2022 All Rights Reserved.