家づくりの悩み

土地探しに疲れたらハウスメーカー選びを兼ねた「かぐや姫作戦」だ!

土地探しに疲れたらハウスメーカー選びを兼ねた「かぐや姫作戦」だ!

新築一戸建ての注文住宅を建てる場合、最初の難問が「土地を手に入れる」ということである。
通勤や子どもの学校、暮らしやすさや自治体のサービスなどを比較して、「家を建てて定住したい地域」は決まったものの、肝心の家を建てるための土地が決まらず、家づくりが一向に進まない。
これは意外と多い悩みである。

土地は基本的に一点ものであり、「いつでも好きなものを選び放題」という訳にはいかない。
「たまたま住みたい地域にあって、あなたが家を建てたいなあと思った時に売りにでている土地」に出会うというある種の奇跡がなければ、本当に気に入った土地に巡り会うことはできないだろう。
多くの家を作りたい家族が、ある程度の妥協をしながら、土地を探し、決めているのが現実である。

親の持っている土地をもらった、実家の敷地のあいている場所に家を建てたという例も良くある話だが、「土地探しに労力を使わなくても良い」という意味ではかなりラッキーである。
しかし、「義理の両親と同じ敷地に住まわされて生活と人生が窮屈になった」という奥様は、私が知っているだけで3人いる。

いくら家を建てたくても、土地が見つからないと、2年経っても、3年経っても家は完成しない。
よほどの「のんびり屋さん」でない限り、なるべく早く、「ここに住みたい、家を建てたい」と思える土地に出会う工夫をするべきだ。
そのためにぜひ試して欲しいのが、「ハウスメーカー選びを兼ねた一撃必殺の「かぐや姫作戦」である。

「かぐや姫作戦」とは、独自の情報網を持つハウスメーカーに土地を探してもらう秘策である

美しすぎるかぐや姫は、貴族やら武士やら、多くの男から求婚される。
かぐや姫は、「龍の頸の玉」やら「仏の御石の鉢」など、実在するかもわからない宝物を指定し、「宝を持ってきた人と結婚するわ」とのたまうのである。

その、かぐや姫の作戦を家づくりに応用したのが、まさに「かぐや姫作戦」である。

まず、前提として「土地探し」は、自分たちのできる範囲でしっかりとしよう。
その上で、このハウスメーカー・工務店で家を建てたい会社の候補を3社程度選ぶ。
下見と挨拶もかねて、オフィスへ「無料相談」に行くと、担当営業が決まり、きっとこう聞かれるだろう。
「もう、土地はお決まりですか?」と。

あなたは「待ってました」とこう返す。
「まだ、気に入った土地が見つからないんです。家の建築をお願いするハウスメーカーさんは、こちらを含めて3社を検討しています。
もし、よい土地を見つけてくれたら、ぜひこちらに我が家をお願いしようと思うのですが」

担当営業は「承知しました」と、土地を希望するエリアなどの情報を、あなたに訊ねてくることだろう。

土地探しは不動産屋ではなく、「ネットとハウスメーカー」でする時代

かつて昭和とよばれた時代があった。
誰もが「スマホ」とかいう小さな魔法の箱をもっていなかった古き良き懐かしい旧時代。その頃は、
土地を探す」といったら、不動産屋に相談するしか方法はなかった。

時代は平成を通り過ぎて、令和へ。
インターネットという魔法がすっかり市民権を得た現在では、土地探しで不動産屋を訪れる人はいない。
家にいながら、パソコンで、スマホでいくらでも土地の情報は検索できる。
とはいえ「簡単に情報が得られるようになった」から「好条件の土地が簡単に手にはいるようになった」という訳ではない。

実際問題、「注文住宅を建てたい」とハウスメーカーを訪れるご家族の多くが「土地を決めていない、取得していない状態」である。
家を建てるためには「土地が絶対に必要」なのだが、「ああ、すてきな家が欲しいわあ」と盛り上がっている人々は、「まず土地を探そう」などとは思わないものである。
「とりあえず、近くの展示場に行ってみようか」
「このハウスメーカーの間取りが理想だから、ちょっと話を聞いてみましょうよ」
と家の外観や間取りプラン、機能性など「建物」への興味が先行してしまう。
「マイホームという一つのビッグドリーム」の前では、「土地」などという現実的なものよりも、「素晴らしいマイホーム」というファンタジーに心ひかれてしまうのも無理はない。

しかし、「土地がないと家は建たない」どころか「土地がないと、まともな建築プランや間取りプランすら作れない」のが実状である。
家は、土地の形状や方角、隣接する道路や建物などによって、「どういう家ができるか、どういう家にできるか」がある程度決まってくる。
そのため、土地がないと具体的なプランの作成は進められない。
だから、ハウスメーカーの営業マンは、まず最初に「土地は決まっていますか」と確認するのである。

ハウスメーカーは「土地を探す」という不動産屋の役割も果たしている

前述したように、家を建てたいとハウスメーカーのオフィスを訪れる人の多くが土地を持っていない。しかし、現在はハウスメーカー自体が、かつての「不動産屋」の機能も果たしているので問題はない。

彼らは、独自の不動産情報網とデータベースを有しており、インターネットには掲載されていない土地、「地主の都合などで公に売ってますよと言えない土地」なども検索することが可能だ。
つまり自分の足を使って地道に土地を探すより「さっさとハウスメーカーに相談してしまった方が早い」のである。
餅は餅屋。専門的なことは、専門家に任せてしまうに限る。

よい土地を見つけてお客様に気に入ってもらえれば、自社で家を建ててもらえる。自分の手柄になる!

どんな営業マンも、がんばって土地を探すだろう。

実際、私がとある埼玉の中堅ハウスメーカーを訪れた時も「土地なし」だったのだが、新人女性営業マンは「おすすめの土地」を2カ所探し、わざわざ現地を確認、写真撮影、間取りプラン事例まで作って、提案してくれた。
結局、訳あって彼女の会社で家を建てることはなかったが、「土地探し」がスムーズに進んだことは間違いない。

「かぐや姫作戦」は、ハウスメーカーの営業マンというサラブレッドに「よい土地見つけてくれたら、あんたんとこで家建てるでえ」と鼻先にニンジンをぶら下げて走らせる、ある主「人の弱みにつけこんだひどい作戦」である。

しかし、「家づくり」という戦争においては、卑怯も非人道的もない。
「一生の一度の大きな買い物」を成功させ、その後の数十年を楽しく、快適に暮らすために、あなた達は鬼にも仏にもならなければならない。
そのくらいの覚悟で臨まなければ、「最高のマイホーム」は未来永劫建たないのである。

禁断の「かぐや作戦」を手に入れた今、あなた達の土地探し、ハウスメーカー選びは、もはや成功したも同然である。

さあ、さっそくハウスメーカー選びと土地探しを同時にさくっと進めてみよう。

ネットで簡単に「かぐや姫作戦」を始める方法

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

必読!新築で家を建てるとき絶対にやるべき5ステップ【完全保存版】

家づくり開始!
必読!新築で家を建てるとき絶対にやるべき5ステップ【完全保存版】
必読!新築で家を建てるとき絶対にやるべき5ステップ【完全保存版】

続きを見る

試しに記事を読んでみる

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたいハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

新築一戸建て

平屋

ローコスト

三階建て

二世帯

輸入住宅

高気密高断熱

木の家

狭小住宅

ZEH住宅

-家づくりの悩み
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.