お役立ちサービス

タウンライフ家づくりの申し込み手順。すでに家を建てる土地を持っている方のみご活用ください。

タウンライフ家づくりの使い方。無料で間取りプランを取り寄せる手順

パソコンやスマホから申し込むだけで、ハウスメーカーが無料で間取りプランを作成、見積もりや土地情報と一緒に提案してくれるというサービスの使い方、申し込みの手順を解説いたします。

なお、タウンライフ家づくりは使いようによっては便利で役立つサービスですが、以下の条件に合致する方のみ、利用するようにしてください。

タウンライフで資料請求をしても良い条件
  1. すでに家を建てる土地を手に入れている、具体的に目星がついている
  2. 建てたい家や理想の間取りについての要望がある程度まとまっている

基本的に、間取りは「土地の形や大きさ、方角」などによって変わります。

そのまま家を建てられるようなしっかりとした間取り図を作るには「家を建てる土地」が決まっている必要があります。

そのため「まだ家を建てる土地を持っていない、この土地がいいかなという目星もついていない」という方は、タウンライフ家づくりを利用しても意味がありませんので、別の方法で家づくりを進めてください。

タウンライフ家づくりで間取りプランを手に入れるための手順

では、具体的にタウンライフ家づくりで資料請求する方法を詳しく見ていきましょう。

申し込み自体は簡単です。

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

タウンライフ家づくりのホームページにアクセスして、間取り・見積もり作成を依頼してみます。

まずは「家を建てたいエリア」を選択します。

今回は例として、毎年、夏が暑いことで有名な埼玉県熊谷市を選んで、「家づくり計画書の作成依頼」スタートです。

タウンライフ 家の間取り図無料作成

①建てたい家の希望や暮らす人数など家づくり計画の基本情報を入力する

建てたい家の希望や暮らす人数など家づくり計画の基本情報を入力する

建てたい家の間取りについて、基本的な情報を入力していきます。 家のタイプや住む予定の人数、家づくりの軸となるLDKの大きさなど、具体的な数値を決めます。

②土地情報、間取り・資金などに関する家づくりの詳しい要望を記入する

土地情報、間取り・資金などに関する家づくりの詳しい要望を記入

次は、資金計画、土地についての情報です。

家を建てる予定の土地地の大きさを記入します。

繰り返しますが、まだ土地をお持ちでない方にはタウンライフ家づくりはおすすめできません。

家を建てる土地を購入、もしくは「この土地にしよう」と目星をつけてから、申し込みをお願いします。

水回りは、家事動線・生活動線を考える上で非常に重要なので、個別に希望を確認する欄があります。さらに、詳しい希望や条件があれば、この先にある希望入力欄に遠慮なく記入するようにしましょう。

POINT1:建てたい家の要望や間取りの希望をできるだけ詳しく書く

タウンライフ家づくりの評判は悪い?いや、実は使い方にコツがあるんです。

注目すべきは、この部分です。

ここにできるだけ具体的に、建てたい家の希望、間取りの要望などを記入しましょう。

「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望、ご質問等ご自由にご入力ください」という欄があります。

入力例にあるように、ここにできるだけ具体的に、建てたい家の希望、間取りの要望などを記入しましょう。

例えば、

  • 玄関は南向きで広めのシューズクローゼットが欲しい
  • LDKは長方形の対面キッチン。庭に出られる大きな窓。
  • リビングのとなりに小上がりの畳スペース。
  • 水回りはキッチン横に一例でまとめたい
  • 2階には、主寝室と子ども部屋。
  • 主寝室にはウォークインクローゼット。
  • 子ども部屋は将来2つに仕切れるような大きめの部屋
  • バルコニーは広めに。

などなど、あげていけばキリがないと思いますが、とにかく具体的に希望、要望を伝えることが重要です。

POINT2:敷地図や土地の図面など、土地の形や情報がわかるものを添付する

タウンライフ家づくりの評判は悪い?いや、実は使い方にコツがあるんです。

次に注目するのがこちらの項目。

タウンライフ 土地情報の添付

すでに一戸建てマイホーム用に手に入れている土地、購入したいなあと思っている土地の候補について、その敷地図や図面、画像などを不動産会社等からもらって添付しましょう。土

地の詳細な情報がわかれば、希望に応じた間取りを、その土地の特性や方角、形などに合わせて最適な形でプランニングすることができます。

③氏名など必要な情報を入力する

タウンライフ 基本情報の入力

最後に名前や連絡先など、必要事項を記入し、確認画面へ進みましょう。

下にある赤いボタンを押すと、内容の確認画面へ移動します。

④間取りプランなどを取り寄せたいハウスメーカーを選ぶ【欲張らずに3社くらいが理想】

入力した内容を確認する画面が表示され、その下にカタログや間取りプランを無料で作ってくれるハウスメーカーのリストが表示されます。

ここに登録してあるハウスメーカーは、一番最初に選んだ地域(今回は埼玉県熊谷市)での一戸建て建築に対応している会社です。

④間取りプランなどを取り寄せたいハウスメーカーを選ぶ【欲張らずに3社くらいが理想】

表示されたハウスメーカーの中から、間取りを作って欲しい、見積もりを比較したい会社を選びます。

登録されているすべてのハウスメーカーから間取りプランを取り寄せることもできますが、おすすめはしません。

選ぶのは、3社程度にするのがベスト。たくさん選んで、資料が山のように届いても、迷ってしまったり、情報が多すぎて混乱するだけで良いことはありません。

建てたいハウスメーカー、良さそうな会社を選び、①本命、②対抗、③大穴の3種類くらいあると、しっかり比較ができますし、情報量としても適切です。

【テクニック】規模の小さいハウスメーカーや地域密着工務店の方が、価値のある資料・情報を提案してくれる確率が高い

タウンライフ家づくりを利用した人の中には、「良い情報、資料が手に入った」という方もいれば、「全然だめ、返事すらこないところがあった」という方もいて、感想に差があります。

これは間取りを作成して提供するハウスメーカー側の対応が、会社ごとに、そして「資料請求をしてきた相手の状態」によって大きくことなるために起こる現象だと推測されます。

ある程度大手のハウスメーカーの場合、見込み客=家を建てたい人を集客する手段は、タウンライフ家づくりの他にもたくさんありますし、予算も多いです。

そのため、タウンライフ家づくりを通して資料請求が来ても、「土地がない、間取りに関する要望があいまい、予算が少ない」など様々な理由で「良いお客ではない=利益になりそうもない、手間がかかりそうだ」と判断されてしまうと、「資料どころか連絡さえこない」という最悪な対応を受ける可能性が高まるということです。

対して、小さなハウスメーカーや工務店の場合、大手に比べて集客にかけられる手段も予算も少ないです。

タウンライフ家づくりを通じて問い合わせ、資料請求をしてきてくれた見込み客は絶対に逃したくありません。

そんため、提供された情報から、なるべく要望にマッチした間取り図や見積もりを作成し、「魅力のある提案」を行おうと努力します。

そうなると、資料をもらった家を建てたい皆さんの満足度も上がるでしょう。

すべてのハウスメーカーがそのような対応をするという訳ではありませんが、実際にタウンライフ家づくりを利用した方の状況などから考えると、「そういった事情がある」こともあながち間違いではないと思います。

タウンライフ家づくりで重要なことを改めてまとめます。

タウンライフで資料請求する際に重要なこと
  1. すでに家を建てる土地を手に入れている、具体的に目星がついている
  2. 建てたい家や理想の間取りについての要望がある程度まとまっている
  3. 土地情報や図面をしっかりと記載、添付する
  4. 作成した間取りについて、理想や要望をしつこいくらいしっかり書く
  5. 特徴のある小さなハウスメーカーや地域密着の工務店などを含める

以上を気をつけていただければ、タウンライフ家づくりをしっかりとあなたの家づくりに活用することができると思います。

ぜひ参考にしてください。

無料の間取り作成を申し込んで見る

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

スマホ時代の家づくり【最初の5ステップ完全版】やるべきことまとめ

家づくり開始!
スマホ時代の家づくり【最初の5ステップ完全版】やるべきことまとめ

続きを見る

試しに記事を読んでみる

-お役立ちサービス
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.