テクニック

タウンライフ家づくりの使い方。無料で間取りプランを作成する手順

更新日:

タウンライフ家づくりの使い方。無料で間取りプランを取り寄せる手順

好みのハウスメーカーを選び、新築注文住宅の間取り・資金計画書・土地情報をまとめて手に入れることができる便利な神サービス「タウンライフ家づくり」。

今回は、理想のマイホームを建てるために「タウンライフ家づくり」を活用してみようという皆さんに、「タウンライフ家づくり」の具体的な使い方・申込みの方法を具体的にご説明しましょう。

無料間取り作成申込みページはこちら

タウンライフ家づくりで間取りプランを手に入れるための手順

では、具体的にタウンライフ家づくりで資料請求するのか、そのやり方を見ていきましょう。

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

タウンライフ家づくりのホームページにアクセスして、間取り・見積もり作成を依頼してみます。

まずは「家を建てたいエリア」を選択します。

今回は例として、毎年、夏が暑いことで有名な埼玉県熊谷市を選んで、「家づくり計画書の作成依頼」スタートです。

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

間取りの希望について入力する

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

建てたい家の間取りについて、基本的な情報を入力していきます。 家のタイプや住む予定の人数、家づくりの軸となるLDKの大きさなど、具体的な数値を決めます。 水回りは、家事動線・生活動線を考える上で非常に重要なので、個別に希望を確認する欄があるのでしょう。

ここまでは、土地を持っている人も持っていない人も同じです。

1.資金計画、土地情報、具体的な要望を記入する

次は、資金計画、土地についての情報です。ここから、「土地のある・なし」によって、入力する部分や情報が変わって来ます。

土地を持っている方、購入予定の土地が決まっている方は、土地の大きさを記入します。

土地がない、購入予定も候補も決まっていないという方は、土地の希望面積や土地も含めた家づくりにかけられる費用総額を記入しましょう。そこまで厳密でなくても、だいたいで大丈夫です。また、欲しい土地の要望希望もあれば、書いておけば参考にしてくれるでしょう。

POINT1:建てたい家の要望や間取りの希望をできるだけ詳しく書く

タウンライフ家づくりの評判は悪い?いや、実は使い方にコツがあるんです。

注目すべきは、赤枠で囲った部分

「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望、ご質問等ご自由にご入力ください」という欄があります。

入力例にあるように、ここにできるだけ具体的に、建てたい家の希望、間取りの要望などを記入しましょう。

例えば、

  • 玄関は南向きで広めのシューズクローゼットが欲しい
  • LDKは長方形の対面キッチン。庭に出られる大きな窓。
  • リビングのとなりに小上がりの畳スペース。
  • 水回りはキッチン横に一例でまとめたい
  • 2階には、主寝室と子ども部屋。
  • 主寝室にはウォークインクローゼット。
  • 子ども部屋は将来2つに仕切れるような大きめの部屋
  • バルコニーは広めに。

などなど、あげていけばキリがないと思いますが、とにかく具体的に希望、要望を伝えることが重要です。

POINT2:敷地図や土地の図面など、土地の形や情報がわかるものを添付する

タウンライフ家づくりの評判は悪い?いや、実は使い方にコツがあるんです。

次に注目するのが青枠の部分

土地をすでに持っている、購入する土地が決まっている、購入したいなあと思っている土地の候補があれば、その敷地図や図面、画像などを不動産会社等からもらって添付しましょう。土地の詳細な情報がわかれば、希望に応じた間取りを、その土地の特性や方角、形などに合わせて最適な形でプランニングすることができます。

土地がない、決まっていない場合は土地情報も合わせて提案してもらい、その土地に合わせて間取りをプランニング

家づくりを始めた段階だと、まだ「土地が決まっていない、持っていない」というご家族も多いと思います。

そういう場合は、タウンライフ家づくりを通してハウスメーカーに、住みたい地域で希望にあった土地を探し、その提案までしてもらいましょう。そこで提案された土地に、アンケートで記入したあなたの希望を取り入れた家の間取りを試しに配置してもらうといったことも、もちろん可能です。

理想の家のプランと一緒に、得する土地情報までもらえれば、一石二鳥ですからね。

3.必要な情報を入力し、間取りプラン・見積もりを取り寄せて比較したいハウスメーカーを選ぶ

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

最後に名前や連絡先など、必要事項を記入し、最後にリストの中から資料請求をするハウスメーカーや工務店を選びます。

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

選んだ地域で営業しているハウスメーカーの中から、間取りを作って欲しい、見積もりを比較したい会社を選びます。選ぶのは、3社程度にするのがベスト。たくさん選んでも、混乱するだけで良いことはありません。

タウンライフ家づくりの公式ホームページはこちら

まとめ:迷っているならやってみよう!マイホームで後悔しないために、使えるものは何でも使う!

まとめ

「タウンライフ家づくりに興味はあるけと、やってみようかな、どうしようかな〜」と悩んでいる方もいると思いますが、リスクまったくのゼロですので、とりあえずやってみて損はないと思います。

これが、10000円かかるというのなら、悩む気持ちもありますが、無料ですからね。失うものはありません。

一生に一度の大切なマイホームづくりですから、後々公開しないように、「活用できるものはなんでも使って、やってみる」の精神で、家づくりを進めていって欲しいものです。

無料で間取りを作ってみる

-テクニック
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.