家づくりとお金

相見積もりで新築一戸建ての費用を安くするために必ずやるべきこと

 

※当記事は「PR」宣伝活動を含みます

相見積もりで新築一戸建ての費用を安くするために必ずやるべきこと

相見積もりをして、一戸建て費用を安くしつつ、効率的なハウスメーカーの比較をしよう

新築一戸建てマイホームを建ててもらうハウスメーカーを決める時は、複数の会社に見積もりを出してもらう「相見積もり」をして、比較をするのがベスト
同じような条件で出してもらった見積もりを元にして比較検討することで「より良く、より安く」家を建ててくれるハウスメーカーを選ぶことができます。

その相見積もりを成功させるためには、「家づくりの条件」を整える必要があります。
とはいえ、ハウスメーカーごとに建てる家や工法にも違いがあり、すべてを同じ条件で比較することなどできません。
そこであなたがやるべきなのは「同じ間取りで家を建てた場合、どのようなプランや見積もりが出てくるか」で比較をするという手法です。

つまり、あなた方ご家族が「こういう家に住みたい」という一戸建て住宅の間取りを考え、「この間取りプランを元にして、提案と見積もりをお願いします」と複数のハウスメーカーに依頼するのです。

すると、「同じ条件=同じ間取りプラン」を基本としつつ、各ハウスメーカーの特徴や強みがプラスされた間取りプラン・見積もりが複数提示されます。
あとは家族会議を開いて、「さあ、どのハウスメーカーにしようか」とわいわい楽しみながら検討を重ねるのみです。

間取りを自作するために家族の要望を全部出すことで、「後悔をしない」理想の形が見えてくる

この「理想の間取りを一度作っておく」という作業には、いろいろなメリットがあります。

新築一戸建て住宅は、一世一代の大きな買い物。絶対に失敗はできません。
そこに住む家族の皆さんが「これは最高のマイホームだ」と幸せを感じながら日々を過ごせるようにするには、「家族それぞれが思い描く理想の家、間取りや機能、設備に関する要望」を遠慮なくしっかりと吐き出しておくことが必要になります。

家づくりの段階で、自分の要望をしっかり伝えておかないと、間取りプランの作成がある程度進んでしまった段階では修正が効かなくなってしまうことも少なくないです。

家族の誰かが「ああ、あの時ちゃんと希望を伝えておけば。。。こんな家には住みたくない」などと後悔してしまうようでは、真の意味で「理想のマイホーム」とは言えないのです。
もちろん、家族全員のすべての要望がかなうとは限りません。

しかし、ちゃんと自分の考えや想いを伝えた上で、いろいろな事情からそのアイデアが採用されなかったのと、伝えるべきことを伝えずにいて後悔し続けるのでは雲泥の差があります。

ぜひ、家を建てようと決意をしたら、家族会議を開き、家族の要望をじゃんじゃん拾い集め、白熱した議論の結果としての「理想の間取り」を作ってみて欲しいところです。

関連記事
無料で間取り作成ができるフリーソフト・アプリ⑥種類【おすすめは住友林業】
無料で間取り作成ができるフリーソフト・アプリ⑥種類【おすすめは住友林業】

続きを見る

理想の間取りができたら、ハウスメーカーを訪ねるかネットを使って手間なく比較

自分たちが理想とする間取りプランが出来上がったら、次はそれを元にしてハウスメーカー=住宅を建てるプロに「間取りプランと費用見積もり」を作成してもらいましょう。

今回自作した「理想の間取りプラン」があるので、ハウスメーカーを訪ねていちいち細かく説明する必要はありません。
出来上がった間取りプランを見せて、要望やこだわりについて、ポイントを説明しましょう。

ハウスメーカーに間取りプランや見積もりを作成してもらう方法としては

  1. 直接ハウスメーカーのショールームを回る
  2. ネットで申し込める無料間取り作成サービスを利用する

①の場合は、直接ハウスメーカーを訪れることで、その会社の雰囲気を自分の目で確認できたり、直接担当者と顔をつきあわせて話せるというメリットがあります。

その反面、忙しい毎日を送る中で、休日にいくつもハウスメーカーを回るというのは、重労働であることは間違いありません。

ハウスメーカーを一つ訪問するだけでも疲れるのに、数社も一度に回った日にゃあ、あなた。
それはもう、大変です。

またハウスメーカーによっては、間取りプランを作成するのに「手付け金」が必要なこともあります。
その場合、数十万円の手付け金を払い「本気度」をしめさないと、間取りプランは作成してもらえないので注意していただきたい。

効率を重視するならやはり②でしょう。
自宅にいながら、パソコン、スマホを使って間取りプラン作成や見積もりの依頼が可能です。
ハウスメーカーの担当者と直接やりとりをしなくて良いというのも気楽でもあります。

誰もが家づくりは初めてで、勝手が分からなく、不安なものです。

そこで理想的な方法としては、まず「ネットを使った間取り作成サービス」を利用して、目星をつけた複数社から間取りプランや見積もりなどの資料を取り寄せる。
その詳細を検討してから、間取りプランや見積もりが気に入ったハウスメーカーを直接訪問、さらに他に気になっているハウスメーカーも訪問し、すでに手に入れている間取り・見積もりプランをちらつかせながら、相手の出方や提案を探るというやり方がベストです。

【ステップ1】ネットの資料請求→【ステップ2】ハウスメーカー直接訪問と段階を踏むことで、あなたたちも家づくりに関する知識や経験が蓄積され、ハウスメーカーの担当者とも対等に話せるようになるというメリットもあります。

何の知識もない家づくり素人では、家づくりのプロであるハウスメーカーの担当者に太刀打ちできません。

ハウスメーカーの営業マンが言っていることを理解し、正しいことは正しい、街が手散ることは「何かおかしいな」と気づけるくらいの予備知識は身につけておく必要が当然あるでしょう。

その意味でも、無料で利用でき、時間を取られることなく、リスクもないやり方=まずネットで資料請求」。

これが現代家づくりの鉄板です。

提示した理想の間取りプランに対して「修正案や改善案」を提案してきたハウスメーカーを選ぼう

ネットの間取り作成でも、直接訪問して間取りプランの提示を受けた際にも、重要なのは「担当者から間取りに関して修正や改善の提案があるかどうか」ということです。

あなた方が「理想の間取り」として出したプランに対して、住宅のプロの視点から修正や改善のためのアドバイスをしてくれるようなハウスメーカーこそが、あなた方にとって最高のパートナーになる可能性のある会社だと言えるでしょう。

逆に、あなた方が見せた「理想のプラン」のまま、なにも変わらない間取りプランを提案したハウスメーカーはやめた方がよいですい。
素人が作った間取りそのままで家が建つほど、一戸建てマイホームづくりは甘くないのです。

「ここはこうした方が良いですよ」と施主であるあなたたちのことを考えてアドバイスや提案をしてくれるハウスメーカーや担当者と出会うことが、まず先決。

そのためには行動あるのみ、さっそく資料請求をして、家づくりをどんどん進めていこう!

ただし、資料請求にも効果的に情報を集めるテクニックがあるので、その点はご注意を。

関連記事
間取り図無料作成サービスの正しい活用法/土地あり・なしで変わる「上手な使い方」解説
間取り図無料作成サービスの正しい活用法/土地あり・なしで変わる「上手な使い方」解説

続きを見る

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

ローコスト

狭小住宅

平屋

二世帯

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりのスタートで利用したい「資料請求サービス」厳選3種

家づくりを始めたばかりの頃にやるべきことは「情報収集」です。
新築一戸建てを建てたお友達の家を訪ねてみるのもよし、住宅展示場に行ってみるのもよし。
そういった情報収集の「はじめの一歩」としておすすめしたいのが「資料請求サービス」です。

一戸建て家づくりの資料請求サービスは、希望に応じて間取りプランや資金計画のプランを作成してくれたり、土地を探してくれたり、カタログを送ってくれたりと、どれも至れり尽くせり。
様々な「住宅資料請求サービス」がありますが、今回は当ブログがおすすめする厳選3サービスをご紹介します。

解説記事を読んでみる!

間取り作成サービスの使い方

家づくりには必須の「無料間取り図作成サービス」ですが、やみくもに依頼しても上手く行きません。
キーワードは「土地があるかないか」です。
間取り作成サービスの正しい使い方を徹底解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

解説記事を読んでみる!

-家づくりとお金
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2022 All Rights Reserved.