ハウスメーカー比較

家の間取り図作成無料!理想の住宅を設計してくれる神サービス!

更新日:


家の間取り図作成無料!理想の住宅を設計してくれる神サービス!

あなたの建てたい家のタイプは、どんな家ですか?

家のタイプを大きさや住む人の人数でシンプルに分けると、

こんな感じ。

建てたい理想の家のタイプによって、間取りの作り方、見積もりの内容など家づくりの進め方もだいぶ違ってくるので、皆さんそれぞれの希望に合った「専用の間取りプラン」が必要になります。

今回は、建てたい家のタイプごとに、ハウスメーカーから専用の間取りプランと見積もり、土地情報を無料で取り寄せられる神サービスをご紹介しましょう!

理想の住宅設計図=家の間取り図+費用見積もり+土地情報を無料で手に入れる!

スクリーンショット(2016-07-07-14.13.16)

【参照】タウンライフ家づくり公式ホームページ

このサービスの基本的な仕組みは、簡単3ステップです。ホームページには3分と書いてありますが、残念ながら5分はかかります。

タウンライフ家づくりの仕組みは簡単3ステップ
  1. 皆さんの頭の中にある「理想の家」について要望や希望をまとめる
  2. タウンライフ家づくり」にアクセスして、家を建てたい地域を選び、間取りプラン作って欲しいハウスメーカーや工務店を選んで、必要事項を入力
  3. 間取り図が届いたら、じっくり比較して、注文住宅を依頼するパートナーを決める材料にする

非常にシンプルです。

タウンライフ家づくり」でもらうことができる資料は以下の3点。

スクリーンショット(2016-07-07-14.13.50)

①注文住宅の理想の間取りプラン

「こんな家にしたい」という希望に応じた理想の間取りプランを作成してくれます。趣味の書斎やガレージを作ったり、ママが家事をし易いように水回りの動線を整えたり、将来間仕切りができるように子供部屋を工夫したりと、要望はしっかり伝えましょう。

②家を建てる費用と資金計画書

ハウスメーカーによっても違うと思いますが、まだ家づくりが始まった段階ですので、見積もりの内容としては概算に近いものだと思います。ただ、「こんな家だとこのくらい費用がかかるもんなんだな」という「費用感」を知るにはとっても良い材料だと思います。

見積書は、コスト削減の手がかりにもなりますし、他のハウスメーカーと値引き交渉をする時の切り札にも使えます。

③一戸建てを建てる土地探しのお手伝い

土地がなければ家は建ちませんし、家づくりも進みません。私も経験しましたが、思い通りの地域に、思い通りの広さや条件の土地を探すのは、想像以上に大変です。

ハウスメーカーや工務店は独自のデータベースを持っていて、一般には公開されていない土地情報もしっかり握っていますので、まだ土地が見つかっていないという方は利用する価値大です。

最大のメリットは間取り作成を「ネットで簡単に申し込めること」

このサービスの最大のメリットはズバリ

ネットで簡単に申し込めて、気軽に間取りを手に入れられる

というところですよね。

一生に一度の家づくりですから、何社もハウスメーカーを回って打ち合わせしながら、間取りを作ってもらったり、見積もりを出してもらったりというのは、「当たり前のこと」だとは思います。だけど、正直な話、そんなヒマないですよね?だって忙しいもの。仕事に家事に子育てに。

こう忙しい毎日を送っていると、なんでもそうですが「ネットで簡単に済ませられるものなら、済ませてしまいたい!」そう思うのが当然です。買い物に行かなくても、Amazonが商品を届けてくれるって、めちゃくちゃ便利ですもの。わかりますよ、その気持ち。

皆さん、想いは同じです。

タウンライフ家づくりホームページからの資料請求申し込みは、毎月で2,000件以上あるそうです。

皆さん、ちゃんと考えて家づくりしているんですね。

タウンライフ家づくりの公式ホームページはこちら

タウンライフ家づくりで間取りプランを手に入れるための手順

では、具体的にどうやってネットで間取りプランの資料請求するのか、そのやり方を見ていきましょう。

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

タウンライフ家づくりのホームページにアクセスして、間取り・見積もり作成を依頼してみます。

まずは「家を建てたいエリア」を選択します。

今回は例として、毎年、夏が暑いことで有名な埼玉県熊谷市を選んで、「家づくり計画書の作成依頼」スタートです。

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

間取りの希望について入力する

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

建てたい家の間取りについて、基本的な情報を入力していきます。 家のタイプや住む予定の人数、家づくりの軸となるLDKの大きさなど、具体的な数値を決めます。 水回りは、家事動線・生活動線を考える上で非常に重要なので、個別に希望を確認する欄があるのでしょう。

ここまでは、土地を持っている人も持っていない人も同じです。

1.資金計画、土地情報、具体的な要望を記入する

次は、資金計画、土地についての情報です。ここから、「土地のある・なし」によって、入力する部分や情報が変わって来ます。

土地を持っている方、購入予定の土地が決まっている方は、土地の大きさを記入します。

土地がない、購入予定も候補も決まっていないという方は、土地の希望面積や土地も含めた家づくりにかけられる費用総額を記入しましょう。そこまで厳密でなくても、だいたいで大丈夫です。また、欲しい土地の要望希望もあれば、書いておけば参考にしてくれるでしょう。

POINT1:建てたい家の要望や間取りの希望をできるだけ詳しく書く

タウンライフ家づくりの評判は悪い?いや、実は使い方にコツがあるんです。

注目すべきは、赤枠で囲った部分

「その他、間取り・資金作成でのご希望やご要望、ご質問等ご自由にご入力ください」という欄があります。

入力例にあるように、ここにできるだけ具体的に、建てたい家の希望、間取りの要望などを記入しましょう。

例えば、

  • 玄関は南向きで広めのシューズクローゼットが欲しい
  • LDKは長方形の対面キッチン。庭に出られる大きな窓。
  • リビングのとなりに小上がりの畳スペース。
  • 水回りはキッチン横に一例でまとめたい
  • 2階には、主寝室と子ども部屋。
  • 主寝室にはウォークインクローゼット。
  • 子ども部屋は将来2つに仕切れるような大きめの部屋
  • バルコニーは広めに。

などなど、あげていけばキリがないと思いますが、とにかく具体的に希望、要望を伝えることが重要です。

POINT2:敷地図や土地の図面など、土地の形や情報がわかるものを添付する

タウンライフ家づくりの評判は悪い?いや、実は使い方にコツがあるんです。

次に注目するのが青枠の部分

土地をすでに持っている、購入する土地が決まっている、購入したいなあと思っている土地の候補があれば、その敷地図や図面、画像などを不動産会社等からもらって添付しましょう。土地の詳細な情報がわかれば、希望に応じた間取りを、その土地の特性や方角、形などに合わせて最適な形でプランニングすることができます。

土地がない、決まっていない場合は土地情報も合わせて提案してもらい、その土地に合わせて間取りをプランニング

家づくりを始めた段階だと、まだ「土地が決まっていない、持っていない」というご家族も多いと思います。

そういう場合は、タウンライフ家づくりを通してハウスメーカーに、住みたい地域で希望にあった土地を探し、その提案までしてもらいましょう。そこで提案された土地に、アンケートで記入したあなたの希望を取り入れた家の間取りを試しに配置してもらうといったことも、もちろん可能です。

理想の家のプランと一緒に、得する土地情報までもらえれば、一石二鳥ですからね。

3.必要な情報を入力し、間取りプラン・見積もりを取り寄せて比較したいハウスメーカーを選ぶ

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

最後に名前や連絡先など、必要事項を記入し、

タウンライフ家づくり評判悪い?利用すべき人、すべきでない人の違い

選んだ地域で営業しているハウスメーカーの中から、間取りを作って欲しい、見積もりを比較したい会社を選びます。選ぶのは、3社程度にするのがベスト。たくさん選んでも、混乱するだけで良いことはありません。

なぜ3社なのかは、こちらの記事「【注文住宅】家を建てる見積もりは何社必要?に答える必読3パターン」を読んでみてください。

これで入力項目は終了です。建てたい家の希望がまとまっていれば、5分もあれば十分ですね。

タウンライフ家づくりの公式ホームページはこちら

タウンライフ家づくりで資料請求すると、ハウスメーカーから連絡がくる場合も当然あると考えよう

さて、無事に依頼が完了してあとは資料を待つばかりと思っていたら、資料請求したハウスメーカーから電話やメールが来た!「何だよ、きいてないよ〜」とダチョウ倶楽部風におどおどするのはやめましょう。

こちらは、これから新築の一戸建て注文住宅を建てようという施主です。 どんと胸を張って、立ち向かいましょう。 連絡をしてくるハウスメーカーの営業マンには2つのタイプがあると思います。

タウンライフ経由で連絡してくる営業マンの2つのタイプ
  1. この機会にお客さんと直接、連絡をとりあってガンガン営業しちゃおう!ぐへへへへーという肉食系営業マン
  2. 依頼フォームからもらった情報だけでは不十分なので、良い間取りプラン・見積もりを作成するためにもう少し話を聞きたいという誠実系営業マン

どちらもしっかり仕事をしているのは違いありませんが、出来ることなら後者の営業マンと出会いたいものです。家づくりは、担当になったハウスメーカーの営業マンによって、成功するかどうかが大きく左右されますので、こういった出会いは非常に重要です。

家を建てたいとなれば、遅かれ早かれ、ハウスメーカーの営業マンと会って、話をして、コミュニケーションをとりながら家づくりを進めなければなりません。 その中で、電話をもらったり、メールが送られてきたり、展示会に誘われたり、なにか勧誘されたりといったことは多々あるでしょう。 しかし、そんなことでいちいちびびっているようでは、いつまでたっても家は建ちません。

あなたは、何千万もする家をこれから建てようという立派な「新築一戸建て注文住宅の施主」です。 何も心配はありません。営業マンは営業するのが仕事です。 いらないものはいらない、必要ないものは結構ですと毅然とした態度で接すれば、ハウスメーカー側も強引に推し進めてくることはありません。

まとめ:快適に暮らせる最高の家になるかどうかは「間取り」で決まる!

まとめ

なぜ多くの一戸建て注文住宅を建てたい皆さんが、こういった資料請求サービスを利用しているかというと、間取りづくりはとても難しいからです。

家の住み心地は、間違いなく間取りによって左右されます。人生で一度しかない家づくりのチャンスで、完璧な間取りを作るっていうのは、それはもう至難の業です(だって私達、素人ですから!)。だからこそ、後悔をしないように、様々な方法を使って、あなたとご家族にとって最高と言える間取りを作り上げてください。

ハウスメーカーも多忙ですので、申し込みが重なると、間取りプランが送られて来るまで時間がかかってしまうこともあります。家づくりのスケジュールに合わせて、なるべく早めに申し込みを済ませてくださいね。

間取り作成の申込みはこちらから

-ハウスメーカー比較
-, , , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.