テクニック

新築一戸建ての費用と間取りで失敗しないための「相見積もり」活用法

更新日:

誰もが一度は建ててみたい夢のマイホーム新築一戸建て。
一戸建て住宅は、一生に一度の大きな買い物ですので、絶対に失敗できません。
家づくりで成功するためのポイントは、二つあります。
一つは、新築一戸建ての家を建てたい人が一番気になる「費用」
もう一つは、住み心地が良い最高の家を建てる上で一番重要になる「間取り」
この「費用と間取り」という二大要素について、しっかりと分析、比較検討をしながら家づくりを進めることが、成功の近道です。
では、「費用と間取り」の詳細な資料を集めたり、比較検討するための材料は、どうやって手に入れたら良いのか。
もちろん方法はたくさんありますが、その中でも、無料の資料一括請求サービス「タウンライフ家づくり」を利用した「絶対に失敗したくない人のための相見積もり活用法」をご紹介します。

新築一戸建てを建てたい人が一番気になるのは「家を建てる費用」

理想のマイホームは手に入れたいけれど、なかなか踏み出せない、行動できない理由の一つは、間違いなくお金・費用の問題があるからです。
家を建てる費用というのは、「ちょっと奮発して買っちゃおうか」というレベルではもはやありません。
2016年度に行われた調査によると、住宅購入にかかった費用の全国平均は、3,497万円となっています。
3000万円もの莫大な費用をかけるのですから、それは慎重になって当然です。
誰もがみんな「なるべく安く、理想に近い良い家、住み心地が良い家を建てたい」と思っています。
費用がある程度かかるのは仕方ありません。
しかし、できる限り無駄を省いて、コストを削減することで、住宅ローンの借り入れを減らすことができますし、住宅購入以外の費用(家具を買ったり、引っ越ししたり)にあまったお金を当てることもできます。

新築一戸建てを建てようと思っている方は、まだ小さくお子さんがいる家庭が多いでしょう。
これからもっと増えていく生活費や教育費、医療費などを工面しながら、決して軽くない住宅ローンを払っていくのは、大変なことです。
だからこそ、できる限り費用を安く、削れる無駄は極力削って、余裕のある資金計画を立てることが、今後の人生において重要になってくるのです。

住宅ローンが払えなくなって、夢のマイホームを数年で手放さなければならなくなる家族は、実はたくさんいます。
そんな悲劇に見舞われないよう、シビアな目線で家づくりに関する「お金の問題」に向き合っていきましょう。

新築一戸建てで一番重要なのは、実は「間取り」なんです

新築一戸建てで失敗しないために、最も重視するべきところはどこでしょう。
外観デザイン?
工法?
ハウスメーカーのブランド?
いいえ違います。
実は「間取り」です。

家づくりの最重要ポイントは、ズバリ「間取り」です。
間取りがうまくいかなかった家は、住み心地が悪く、快適とはほど遠い完成度。
そこで暮らす家族の生活も当然うまくいくはずもなく、家を建てた後の人生そのものが最悪になりかねません。

なぜ間取りが重要なのか。
それはもちろん、そこで暮らす家族の趣味志向、生活導線、ライフスタイルに合った間取りの家であることが、「快適な暮らし」に直結し、生活を豊かにしてくれるからです。
また、間取りは、一度作ってしまうと、簡単には修正できないという点も重要です。
壁が気に入らなければ壁紙を張り替えたり、珪藻土を塗ったりと、簡単に低コストで変更が利きます。
家具が足りなければ、買い足したり、後から取り付けたりもできます。
しかし、間取りを変更する場合は、柱や壁、ドアなどを取り外し、構造自体で変化させる大規模な工事が必要です。
それはもはや「リフォーム」と同じであり、新築一戸建てを建てた費用の3分の1〜半額程度かかってしまいます。
新築一戸建てを建てたけれど、気に入らなかったので、また大金をかけてリフォームする。
そんなバカな話はありません。

だからこそ、新築一戸建ての家づくりにおいては、何よりも「完璧な間取りを作り上げる」ことに力を注ぐことが、成功への近道なのです。

「良い間取りプラン」を提案してくれたハウスメーカーを選ぶ

新築一戸建てを建てるということになると、まず土地を探して、ハウスメーカーを選んで、という手順を踏みがちですが、ちょっとお待ちください。
土地を探すのは、確かに先決です。
土地がなければ家は立ちませんし、家の建築プラン、間取りプランもしっかりと作成することができません。

しかし、「とりあえず家を建ててもらうハウスメーカーを選んでから間取りプランを考える」というのは、大きな間違いです。
正しいやり方は、「理想の良い間取りプランを提案してくれたハウスメーカーに施工を依頼する」というものです。

いくらデザインが魅力的でも、機能性が高い住宅を作れても、「施主の希望に沿った快適な暮らしができる間取り」を作れないハウスメーカーでは、夢も希望もありません。
もちろん、ハウスメーカーによって、規格やルールがあるなど、完全に自由に設計できる間取りの家というのは、難しいです。
しかし、様々な条件の中で、自分たち家族の希望や要望、夢が実現できる間取りプランを提案してくれるハウスメーカーこそ、信頼できるパートナーになり得ると私は思います。

良い間取りプランが出てくるかどうかは、担当営業マンや担当設計の能力によっても変わってきます。
だからこそ、気になる複数のハウスメーカーから間取りプランを取り寄せ、じっくりと比較検討しながら、依頼先を検討する必要があるのです。

その際、「良い間取りだけど、ものすごくお金がかかる」というのでは、意味がありません。
「良い間取りを、なるべく安い費用で提供してくれる」ハウスメーカーを探し出すために最も効果的なのが、同じ要望の間取りプランで、費用にどれだけ差があるのかを比較検討する「相見積もり」の手法です。

間取りの善し悪し、費用面を「相見積もり」で厳しく査定

新築一戸建て住宅の見積書というのは、多くの項目があり複雑です。
専門知識のない素人では、なかなかその中身を正確に把握して、「これは高い、これは安い」と判断できません。

そこで、同じ間取りやプラン内容で、気になる複数のハウスメーカーに見積もりを依頼し、それを比較する手法「相見積もり」が役に立ちます。

間取りプランの完成度、使っている部材・材料の種類、細かい費用の金額など、比較できる部分はたくさんあります。
実際に、細かい金額を比較しながらじっくりと見ていくことで、次第に「見積書の見方」も分かってきますし、自分たちの勉強にもなります。

しかし、一般的に多くのハウスメーカーは、ある程度話が進み、数十万円程度の準備金(もし正式に契約しない場合は返してもらえることもあるお金)を支払わないと間取りプランの作成や見積もりはしてくれません。
そんな時には、便利なインターネットの新築一戸建て資料の一括請求サービス「タウンライフ家づくり」を活用しましょう。

タウンライフ家づくりで間取りプラン、費用プランを取り寄せて比較検討する

タウンライフ家づくりは、登録してあるハウスメーカーや工務店などから、自分の好みに合わせて選び、「間取りプラン」「費用・資金計画・見積もり」・「土地情報」のセットを資料として取り寄せられるサービスです。
もちろん、ハウスメーカーのカタログなどの基本資料もその中に含まれています。

同じ希望・要望によって作られた間取りプランの違いや特徴を比較しつつ、使われている部材や材料、設備、そして費用も細かくチェックします。

一社のプランを見ただけではよくわからないところも、数社を比較することで分かりやすく、ハウスメーカーごとの傾向やチェックポイントも見えてきます。

そして何より、具体的に自分たちが建てるかもしれない新築一戸建ての間取りや、具体的な費用プランを目の前にすることで、家づくりに対する情熱がふつふつとわき上がって来ます。
新築一戸建てを建てるという作業は、本当にエネルギーがいる作業です。
いろいろと決めなければならないこともありますし、考えることも、やらなければならないことも山のようにあります。
それを乗り越えて、理想の家を建てるためには、まずはスタートダッシュを決めて、やる気と情熱を維持し続けなければなりません。
そのための起爆剤として、タウンライフ家づくりの資料請求は、最適と言えるでしょう。
なぜなら、もらえる資料の豊富さ、クオリティはもちろん、それらすべてが「無料」だからです。

実際に「タウンライフ家づくり」を利用し、無料で間取りや費用の資料をもらう手順

新築一戸建ての場合、家を建てるハウスメーカーをしっかりと比較検討することが重要です。

詳細に比較するためには、「同じ条件で見積もりをしてもらい、結果を比較する=相見積もり」の手法が最も簡単で、確実です。

ハウスメーカーの間取りプランや費用比較が簡単にできるて使い勝手の良い「タウンライフ家づくり」であれば、自分が建てたい土地で家を建ててくれるハウスメーカーを選び、「間取りプラン・資金計画」などを比較しながら、家づくりを進めることができます。

 

例えば、千葉県の松戸市で家を建てるので、ハウスメーカーを探し、資料請求してみましょう。

※事例はパソコンで見た時の画面。スマホでも基本的にやることは同じです。

タウンライフ家づくりのホームページにアクセスして、家を建てたい地域を入力します。

今回は、「千葉県松戸市」です。

するとすぐに検索結果が表示されます。

松戸市の場合、17件の建築会社が登録されていました。

トヨタホームやタマホームといった有名なハウスメーカーと一緒に、特徴のありそうな地域密着工務店や中規模ハウスメーカーの名前も並んでいます。

このバラエティの豊かさが、タウンライフの特徴の一つでもあります。

比較検討したいハウスメーカーや工務店にチェックを入れ、必要事項を記入して、資料請求。

あまり多すぎても混乱するだけですので、3〜4社程度に絞って、資料を取り寄せるのがベストです。

 

タウンライフ家づくり」を使って取り寄せられる資料はこちら。

やはり気になる間取りプラン。

そのプランでどのくらいの費用がかかるのか、諸経費も含めた資金計画をまとめた資料。

そして、希望する地域での土地情報。

もちろん、カタログやパンフレットといった基本資料ももらえます。

費用は一切かからず無料で利用できるので、これから新築一戸建てを建てようと計画しているご家族であれば、一度試してみることをおすすめします。

 

⇒タウンライフ家づくりで資料請求してみる

 

タウンライフ家づくりに関するよくある疑問

疑問①資料請求するとしつこく勧誘されないかしら?

A.住宅展示場などショールームなど、一度ハウスメーカーの営業マンと接触すると、しつこく勧誘されそうで怖いという話は昔からよく聞きます。

しかし、それは昭和の話。もちろん、ハウスメーカーによって対応は違いますが、基本的に営業マンの振る舞いは紳士的で、過度な電話や訪問による営業、勧誘等は、今はほとんど見られません。

ハウスメーカー側も、そういった勧誘を「お客様が嫌っている、むしろ逆効果である」ということはちゃんと理解しています。

私が知っているハウスメーカーもタウンライフ家づくりを活用して集客をしていますが、「タウンライフ経由で問い合わせをいただいたお客様には、電話ではなくメールで連絡を取り、基本的には必要な資料を作って送付し、後追いの営業電話などもかけないようにしています。間取りプランなどお渡しした資料が満足いただけるものなら、お客様からご連絡いただけますからね」と話していました。

疑問②何社くらい比較するのが良いのでしょう?

A.地域によっては、資料請求が可能な多くのハウスメーカーが登録されていますので、どれもこれも欲しくなってしまうのは分かります。

しかし、あまりにも大量の資料を取り寄せても、ただ迷ってしまう、混乱してしまうだけで良いことはありません。

自分たちが理想としている新築一戸建てのスタイルに合致した3〜4社程度から資料を取り寄せて、比較検討するのがベストでしょう。

疑問③タウンライフ家づくりの評判が気になる

タウンライフ家づくりを利用した人の声を聞くと、やはり「忙しい生活の合間を縫って家づくりをしているので、手間なく簡単にたくさんの役立つ資料が手に入るのは助かる」という利便性を評価するものが多いです。

家を建てようという方の場合、多くが小さいお子様を子育て中だと思います。

私も経験がありますが、小さい子どもを連れてハウスメーカーのオフィスで打ち合わせをしたり、モデルルームを見学して回るのは本当に大変です。

なるべく効率よく、自分たちにも、子どもたちにも負担をかけないように家づくりを進めていく上で、タウンライフ家づくりを活用できると良いと思います。

疑問④こんなに充実した資料がどうして無料なの?

タウンライフ家づくりの運営は、すべて資料を提供する側のハウスメーカーからの出資で成り立っています。

ハウスメーカーは、より多くのお客様に自分たちが作る家の良さをわかってもらうために、「新築一戸建てが欲しい」というご家族が集まるタウンライフ家づくりに「広告」を出している訳です。

その恩恵もあって、私達「家を建てたい側」は、無料でこのように便利なサービスを利用できるのです。

⇒タウンライフ家づくりのホームページはこちら

 

家づくりの第一歩は、ハウスメーカーのカタログを取り寄せて眺めてみること!

誰にとってもはじめての家づくりで分からないことだらけ。

夢の新築一戸建てで絶対に失敗しないためにも、じっくりゆっくり足元から固めていきましょう。

「そろそろ家を建てたいなあ」と思ったら、とりあえず気になるハウスメーカーのカタログを集めて、さらって眺めてみることをおすすめします。

ハウスメーカーのカタログを見てみることで、

  1. 家づくりをやってみようというエネルギーになり、やる気が出る
  2. 現在の家づくりのトレンドがわかってくる
  3. 新築一戸建ての基礎知識やハウスメーカーの特徴がわかる

といった家づくり初心者にとっては非常にありがたいメリットがあります。

カタログを取り寄せるには、

  1. それぞれのハウスメーカーのホームページから個別に請求する
  2. ハウスメーカーのショールームや総合住宅展示場にでかけてもらってくる
  3. カタログ一括請求サービスのホームページからまとめて取り寄せる

といった3つの方法があります。

とにかく、皆さん、仕事に育児に趣味に忙しいですから、なるべく時間と手間をかけずにカタログを手に入れたい。

だったら、「③カタログ一括請求サービスのホームページからまとめて取り寄せる」がベスト。

地域や工法、家のタイプなどから検索して、自分たちの求めている家を建ててくれるハウスメーカーをセレクトし、カタログを請求するだけの簡単手続きで、手間なく、様々な情報が掲載されたカタログがご自宅に届きます。

さあ、家づくりを始めて見なければ、いつまで経っても家は完成しません!

この機会に一念発起して、夢のマイホームを建てるためにカタログ取り寄せてみましょう!

⇒カタログを取り寄せてみる!

 

家を建てたいと思ったら、次のステップは①土地探し⇒②間取りプラン作成⇒③資金計画と進みます

新築一戸建てを建てよう!と決意したら、次のステップは、①家を建てるための土地探し、②新築一戸建てで最も重要な間取りプランの作成、③一番気になる費用・資金計画と進んでいきます。

ただ、ほとんどの方が「人生ではじめての家づくり」になりますので、正直わからないことだらけで悩むことも多いでしょう。

そういう時は、「家づくりで失敗する」前に、専門家の力を借りましょう。

①土地探し、②間取りプラン作成、③資金計画という重要な3つの資料を、あなたの要望や理想の家に合わせて作成してくれるサービスがあることをご存知ですか?

利用料は、まさかの無料!

建てたい家のタイプによって別れていますので、ご希望に応じてぜひともご活用ください。

家を建てようか考え始めたところというご家族の場合は、「とりあえず、ハウスメーカーのカタログを取り寄せて見てみる」のも、家づくりの第一歩としてオススメです

あなたが建てたいのは、どのタイプの家ですか?

2〜3階建ての新築一戸建てを建てたい
大手ハウスメーカーで家を建てたい
暮らしやすくコンパクトな平屋住宅を建てたい
二世帯住宅を建てたい

さあ、楽しい家づくりを始めましょう!

 
一生に一度の家づくりで絶対に失敗したくない方は必見です!

夢の新築一戸建てを建てるなら、自分たちの希望をしっかり反映させた理想の住まいを完成させたい。

そのために最も重要なポイントは、実は「費用」と「間取り」なんですが...

★NEXT⇒新築一戸建て「費用」と「間取り」で失敗しないための必須テクニック に進む。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2018 All Rights Reserved.