間取りの工夫

新築マイホーム「子どもの遊び場」はLDKで十分。別部屋の必要なし

新築マイホーム「子どもの遊び場」はLDKで十分。別部屋の必要なし

新築マイホームの悩み所である子どもの遊び場はLDKで十分。

子どものいる家庭の家づくりは、どうしても「子ども中心、子どもの成長に合わせて」というのがテーマになってくる。
新築マイホームのプランニングをする際、悩みどころになってくるポイントが「子どもの遊び部屋」問題である。

  • 2階の子ども部屋で遊ぶかしら?
  • ロフトがあるといいかな?
  • 応接間兼用の和室で遊ばせればいいか?

など様々考えを巡らせるが、基本的に子どもの遊び場は「1階のLDK」で問題ないのである。

このコラム内の「子ども」とは0歳から小学校低学年くらい。家の中で遊ぶにも「親の目」がまだまだ必要な年代のことを指すとしよう。
新築マイホームの2階にどれだけ立派な子ども部屋を作ったところで、彼らはそこで遊ぼうとはしないだろう。
お母さんが料理をしている、洗濯物をたたんでいる、ソファに座ってスマホをいじりながらポッキーを食べている場所と同じ「1階のLDK」で遊ぶはずである。
同じことは、1FのLDKとは別の場所に作った「和室」でも言えるだろう。

我が家もそうだが、LDKで遊ぶと、そこら中におもちゃが転がっていたりして、時々踏んづけてひどく痛い思いをする。「整理整頓具合」については、家の状況、親の考え方、子どもの性格などにもよるだろうが、遊び盛の子どもがいる家など、総じて同じようなものであるし、それが普通だろう。

私も子どもたちがいない昼間など、いそいそとおもちゃを片付け、仮面ライダーごとに変身アイテムを分類し、絵本を大きさごとに揃えてしまい直している。それが親の責務であるので仕方がない。

子どもがLDKで遊ぶメリットは、とにかく「親の目に届くところにいてくれる」ということである。
子どもたちは、とにかく我々大人の予想の上をいった大胆な行動をする。おもちゃの誤飲、ソファーやテーブルからの飛び降り、コンセント入り口への指入れなど、危険は会議室ではなく、家の中にこそあるのだ。

子どもたちが、常に自分の見えるところで遊んでいてくれれば、料理をしていても、本を読んでリラックスしていても、友人たちと食事を楽しんでいても、こまめに気を配ることはできるし、いち早く危険を察知することもできる。

安全と安心という面において「LDKで子どもが遊ぶ」ことには、大きなメリットがあると言えるだろう。

LDKにタタミルームなど隣接する一部屋をプラスすると使い勝手は抜群

我が家の場合、一直線になっているLDKの中央、ダイニングの横にもう一部屋6帖程度の洋室があり、3枚のスライドドアでつながっている。さらにその部屋はそのままウッドデッキ、庭へと続く仕様だ。
この1部屋があることで、LDKの遊びはもちろん、生活がぐっとしやすくなるので注目である。

この1部屋を仮に「プラス部屋」と名付けよう。
プラス部屋には、壁際に子どもの洋服や幼稚園の道具、コート類などを入れるクローゼットがまとめてあり、そこは一種の「毎日使う収納庫」でもある。

フローリングの上には、クッションマットとラグが敷いてあり、子どもが遊べるスペースを作った。
実際、子どもたちは、LDKとこのプラス部屋を行き来しながら、遊んでいる。
また、4歳の兄が遊んでいるおもちゃを2歳の弟が強奪する、壊し始めるというトラブルが頻発するので、「兄はLDKでブロック遊び、弟はプラス部屋で車遊び」などと、ひとつながりのフロアであっても「個別に遊ぶ」という対策を施して、兄弟と親のストレスを軽減させている。

LDKに隣接するカタチでタタミルームなどを設置している間取りに関しては、我が家の「プラス部屋」と同じような使い方ができるので、小さなお子様と一緒に住む新築マイホームを計画中の方には、おすすめである。

LDKに隣接する「タタミルーム」を子供の遊び場として取り入れている間取り事例

1FのLDKにタタミルームのある間取り事例をご紹介しよう。

ダイワハウス/LDK.タタミルーム、広い縁側、庭がつながった「遊びが広がる間取り」

ダイワハウス/LDK.タタミルーム、広い縁側、庭がつながった「遊びが広がる間取り」

参照:ダイワハウスホームページ

リビングダイニングに隣接したタタミルームと合わせて、広い遊び場を確保。

オープンキッチンから子どもたちの様子が一目瞭然であり、家遊びに空きたら、すぐに庭へも飛び出せる。

遊びがぐんぐん広がる間取りである。

アイムの家/スタディスペースあり、LDKとタタミルームが連結した間取り

アイムの家/スタディスペースあり、LDKとタタミルームが連結した間取り

参照:アイムの家ホームページ

こちらは、キッチンを堺に、リビングとダイニングが分かれているという間取り。

スタティスペースは、ダイニングの向こう側の窓際にあり、キッチンに立つお母さんの鋭い視線を背中に感じながら、子どもたちは勉強することになるだろう。

小学生までは親の目が届くLDKで勉強。個室利用は中学生以降という想定

最近は、子ども部屋に机は置かず、リビングなど、親の目が届きやすい共同スペースで勉強をするのが、よりスタンダードになりつつあると聞く。
もちろん、中学、高校と勉強が専門家して親にもちんぷんかんぷんになり、それなりの思春期を迎えれば、部屋にこもるのは当たり前だとしても、小学生のうちは「リビング勉強派」という家庭は多いだろう。

LDKで遊ぶ、日常的に過ごすことが当たり前になっていれば、リビングやダイニングでの勉強、学習にもスムーズに移行していけるだろう。

LDKとは別に別途スタディルームとして、机やイスを置いている場合もあるが、本当に活用できているかは疑問である。
結局は、「座りなれたリビングのテーブルやダイニングのイスで宿題をする」というのが多くなるのではないだろうか。

我が家も子どもたちが小学生になったら「おやつ、宿題、遊び」はすべて、LDKで済ませてしまおうと考えている。

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

必読!新築で家を建てるとき絶対にやるべき5ステップ【完全保存版】

家づくり開始!
必読!新築で家を建てるとき絶対にやるべき5ステップ【完全保存版】
必読!新築で家を建てるとき絶対にやるべき5ステップ【完全保存版】

続きを見る

試しに記事を読んでみる

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたいハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

新築一戸建て

平屋

ローコスト

三階建て

二世帯

輸入住宅

高気密高断熱

木の家

狭小住宅

ZEH住宅

-間取りの工夫
-, ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.