家づくりの悩み

子どもがいない夫婦の新築一戸建ては「時間とお金の自由」を活かせ!

子どもがいない夫婦は 「時間とお金の自由」を 活かした家づくり。

子どもなし夫婦だって当然、お気に入りの新築一戸建てが欲しい

家を買うとなると、やはり圧倒的に「夫婦+子ども」のファミリー層が多いので、どうしたって「子どもと一緒に暮らしやすい家」がハウスメーカーの主力商品になるのは仕方のないことである。

しかし、世の中には「子どものいない夫婦のみ家庭」というのは、当然たくさん存在する。
結婚する前から「子どもは作らない」と決めている場合もあれば、子どもを望んだけれど残念ながら希望を叶えられなかったという場合もあるだろう。

どちらにしろ「夫婦で人生を生きていく」と決めた二人が、共に暮らす家は必要である。

選択肢は2つ。
賃貸か持ち家か。

  • 賃貸なら、常に新しい家に住める
  • 賃貸なら、好きなところに転居できる
  • 賃貸なら、維持費や固定資産税もかからない

と、賃貸に住むことのメリットが「素晴らしい」と思うなら、賃貸アパートやマンションに住み続ければ良い。
それはそれで、間違った選択ではない。
一戸建てとは基本的に「賃貸で一生暮らしたくない人」が買うものである。

「持ち家の場合、自分たちが住めなくなった後どうするの?相続してくれる子どももいないのに?」と心配する方もいるが、それは家を建てた後考えれば良いことである。方法はいくらでもある。
家を建てて住み始める前から、住めなくなった後のことを考えるなんてナンセンス。楽しくもなんともないので、やめてしまおう。

夫婦二人で暮らす家。お金と時間の自由という子どもがいないメリットを最大限に活用すべし

子どもがいる家庭の最大の弱点は「お金と時間が足りない」ということである。
子どもの教育費、食費、ああでもない、こうでもないと、子どもを育てるにはとにかく時間がかかる。
そもそも、家族の人数が多いのだから、全員分の生活費を考えれば、当然、多くのお金が必要だ。

子どものいる家庭では、かなり多くの時間を「子どものため」に費やすことになる。夫婦が自分のために使える時間など、それはもう微々たるものだ。子育てをしていると時々「俺はなんのために生きているんだ?そうだ、子どものためだ!」と気づいて愕然とする親がいるのは、そのためである。
そして彼ら(私も含めて)は、「子どものため」に家を買う。

しかし、子どものいない夫婦は、「自分たちのためだけ」に、お金と時間を思い通りに使って、家を買うことが出来るのである。
こらはこれで、幸せなことだと言えないだろうか。

暮らすだけではなく、生活と人生を楽しむための家づくり

私の知り合いに、当方地方でベーカリーを営んでいる夫婦がいる。
彼らの焼くパンはとても美味であり、彼らはとても仲良しで、彼らには子どもがいない。
彼らは、数年前に、店舗兼用の新築一戸建てを建てた。
夫婦で暮らす家が、そのまま夫婦の夢がつまったベーカリーという、ドラマにもなりそうなシチュエーションは、とても魅力的に見える。

ハウスメーカーの建築事例の中にも、夫婦で平屋の新築一戸建てをつくり、夢だった「自宅カフェ」を開業した事例が紹介されている。

④【トヨタホーム】夢だったカフェスペースを併設!第二の人生を夫婦で歩める2LDK平屋の間取り(41坪)

【子どもなし】夫婦でゆったり暮らす2LDK平屋の間取り厳選5事例
参照:トヨタホーム

こちらは福島県で実際に建てられた平屋の間取りプランである。トヨタホームのホームページで紹介されている。

二度目のマイホーム建設にチャレンジしたご夫婦が建てた家なので、もしかしたら子どもが独立した後の「セカンドハウス」なのかも知れないが、夫婦の夢であった「自宅カフェの経営」を実現させる「理想の平屋」である。

自宅用のキッチンを挟んで、プライベート空間であるリビングとカフェスペースが分けられ、もちろんエントランスも別々。カフェスペースには勾配天井を使っているので、平屋なのに天井が高く、広々とした空間を演出できる。

リビングに隣接したテラスは、「第二のリビング」として、カフェスペースとプライベートを分ける「夫婦憩いの場」となる。

通常、店舗建住宅などの場合、一般の住宅より設計や建築にお金をかける必要があるし、厨房設備など住宅以外の出費もかさむ。
子どもあり家庭の場合は、家を建てる予算以上に、建築後の「子どもを育てるための生活費」が心配になるので、どうしても家の予算を抑えたくなってしまう。
夫婦のみの場合は、子どもの養育費に貯蓄や今後の収入を回さなくて良い分、新しい我が家に思い切って投資できるというメリットはあるだろう。

コンパクトな小さな家でシンプル生活をしたいなら「狭小住宅=スモールハウス」もおすすめ

マンションのような間取りでコンパクトでシンプルな生活を営みたいなら、「狭小住宅=スモールハウス」もおすすめ。

家自体は決して広くはないが、欲しいものにすぐ手が届くコンパクトなスペースで、シンプルに暮らすのであれば必要十分。日中は家にいないので、夜や休日にゆっくり過ごせれば十分という方にも最適。

家が小さいので、当然、建築費用などのコスト面も下げられるのは大きなメリット。

こちらも注目
狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活
狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活

続きを見る

結論:時間とお金の自由が効くメリットを活かし「夢を実現させる家」を建てよう

まとめ

「子どものことを考えなくて良い」というのをメリットととらえ、「夫婦の夢や希望を実現できる家」を思う存分作れるというのは、幸せなことである。

「人生の価値」を何に求めるかは人それぞれである。趣味に求める人もいれば、お金や仕事に求める人もいる。

人生は一度しか歩めない。

「子どものいる人生」と「子どものいない人生」どちらが良いかなど、天秤にかけようとすることが間違いだ。

ぜひ、「今、あなたが生きている人生」を大事にして欲しい。

そして、隣りにいる最愛のパートナーと共に暮らせる最高の家をぜひとも手に入れていただきたい。

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

家づくり開始!
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

続きを見る

試しに記事を読んでみる

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

新築一戸建て

平屋

ローコスト

3階建て

二世帯

輸入住宅

高気密高断熱

木の家

狭小住宅

ZEH住宅

-家づくりの悩み
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.