テクニック

独身1人暮らしで新築一戸建てが大アリな理由【自由・趣味・老後】

投稿日:

独身1人暮らしで新築一戸建てが大アリな理由【自由・趣味・老後】

数年前、知り合いの独身男子が一戸建てを買った。庭にみかんの木を植えて、丹念に面倒を見ているらしい。毎年、実がなると会社の女子に配るのだという。
それもまた、素晴らしきかな人生である。

「50歳の男女で一度も結婚したことがない人の割合」を示すのが生涯未婚率。1990年には男女ともに4〜5%だった数値は、2015年の調査では男性23.4%、女性14.1%となっている。「一生結婚しない人生」は人の生き方のジャンルとして、確立しつつあるのだ。

であれば、もはや「新築一戸建て」は、幸せな夫婦や家族だけのものではなく、一人で自由気ままに人生を謳歌するロンリーウルフこと「独身貴族」にとって「自分たちには関係のないもの」では決してない。
独身の一人暮らしで新築一戸建てを建てることは、大アリなのである。

独身一人暮らしでも一戸建てを手に入れるべきなのはこんな人

とはいえ、独身一人暮らしなら誰でも家を買うべきだなどという暴論を述べるつもりはない。
都会に職を持ち、駅チカの賃貸住宅で暮らしたほうが利便性が高いという場合もあるだろうし、4畳半の狭く暗い部屋の方が落ち着くという性癖の持ち主もいる。
「自分だけの理想の家」、「誰にも気兼ねなく暮らせるマイホーム」にまったく魅力を感じないのであれば、大人しく賃貸住宅に住まうのがベストだろう。

例えば、独身一人暮らしでも一戸建てをおすすめするのはこんな人々である。
あなたは、どれかに当てはまるかな?

①自由を愛し、一人で生きていきたいと思っているし、誰かと同居なんてまっぴらな人

孤独というのは、非常に心地よい。「寂しい」という感情さえ持たないのであれば、自分の時間、お金、人生のすべてを思い通りにできる最高の生き方である。

自分の趣味に金をかけ、好きなものを食べ、好きなように暮らす。そのための拠点として一戸建ての家を持つのだ。まっとうに働いていれば、住宅ローンの支払いも苦ではないだろうし、家賃を払うより安くなる場合も多々ある。

自分だけのマイホームを持っているという「所有欲」は満たされ、賃貸住宅では味わえない充足感と自由度、そして「俺(私)、家買っちゃったもんね」という優越感。
まさに、誰もがうらやむキングオブ一人暮らしである。

かくいう私も、孤独を愛し、一人で生きて一人で死ぬことを望んでいたのだが、運が良いのか悪いのか、どうしても結婚したい相手と出会ってしまったため、交際半年でプロポーズすることになった。
今では、妻一人、子二人、庭付き一戸建てに住み、孤独とはかけ離れた生活を送っている。
人生とはわからないものである。

②趣味に命をかけている人。バイク・車・フィギュア・本・ペット・ガーデニング

趣味。その本質は一人で楽しむもの。
カップルで行く「美味しいお店めぐり」など趣味でも何でもない。ただのお出かけである。

自分の命とも言うべき趣味を存分に楽しみたい。人生をかけて極めたいという人は多々いるだろう。生活をする場所と趣味を楽しむ場所を完全に融合できるのが「一戸建てマイホーム」の魅力でもある。

バイクや車が好きならば、ガレージ付きの家を建てれば良い。駐車場にすら困っていた賃貸時代には味わえない楽しみ方ができるだろう。
フィギュアや本などコレクションが趣味なら、当然「コレクション部屋」を含めた間取りを作る。賃貸時代には、コレクションで生活空間を圧迫されて不自由していたという人も、これで心置きなく好きなものを買い集めることができる。

賃貸では飼うことが難しい場合が多いペットも一戸建ての持ち家であれば誰に気兼ねすることなく愛犬、愛猫、愛トカゲ、愛ウサギなどと戯れることが可能だ。

ガーデニングが好きで好きで仕方がないなら庭付きの一戸建ては必須である。ベランダでちまちまと鉢植えの植物を育てる必要はない。広々とした自分だけのガーデンに、花でも樹木でも植えるが良い。

こよなく愛する趣味に人生を捧げる人々にとって、一戸建てマイホームは最高の空間となる。狭っ苦しい賃貸で我慢を続けることなく、一戸建てで心置きなく趣味を楽しむことをおすすめする。

③老後の安定と穏やかで豊かな暮らし、終の棲家が欲しい人

歳をとり、仕事もなくなり、お金も少なくなると、賃貸住宅を契約することは難しくなってくる。安アパートも借りられず、施設に入ることも、頼れる家族もいない。たどり着く場所はホームレスの楽園か、三途の川の向こう側である。

間にとって「衣食住」の充実は必要不可欠であるが、「とりあえず住む家がある」ことの安心感と言ったら、大迫どころではなく「半端ない」ものである。

まだ体力にもお金にも余裕のある若いうちに一戸建てを購入しておくことで、老後の安定を確保しておくというのは、「人生を一人で生きる」ことを決意している諸君であれば、やっておいて損はない「保険」である。

仮に、仮にだが、もしあなたが「孤独との別離」を決意して結婚し、家族を持とうという気になった時、家を持っていることはプラスにもマイナスにもなる可能性がある。

結婚相手に「うそー、家持っているの?素敵じゃなーい」と歓迎される場合もあれば、「なんで家なんて持ってんのよ。私は、私が住みたい家が欲しいのよ!」と迷惑がられることもあるだろう。

選んだ相手が前者であれば、そのまま住めばよいし、後者であれば、家は売っぱらって、新しい新居を建てれば良い。人生は常に「臨機応変」を心がけなければ生き抜いていけない。

一戸建てマイホームを、人生をより豊かに安心して暮らすための「投資」として考えることができれば、家づくりにも前向きに取り組めるだろう。
転ばぬ先の一戸建てマイホームである。

一戸建てのマイホームに住むデメリットは当然あるが、だからどうした?

もちろん、一戸建てに住むデメリットもある。

例えば、

  1. 固定資産税がかかる
  2. メンテナンスに手間と費用がかかる
  3. 面倒なご近所・地域との付き合いがある

などがあげられる。とはいえ、些細なことである。

①と②は生きていくための必要経費。賃貸に住んでいれば、それとは別の経費がかかるのだから同じことだ。
③は、確かに地域によっては、あまりにも密過ぎる人間関係や行事への参加共用など、面倒事に巻き込まれる可能性は高い。

しかし、日本全体で「村意識」的な一体感は薄れているので、多くの場合心配するほどのことはない。
しっかりと下調べをした上で、一戸建てを建てるための地域を決めて土地を購入すれば、何も心配はいらない。

例え賃貸マンションに住んだとしても、一戸建てに住むのとは別のデメリットがわるのだから、問題はどうやってマイナス面に折り合いをつけ暮らしていくかということが重要なのである。

逆を言えば、このような些細な心配事を気にして一戸建てマイホームを簡単に諦めてしまうこと自体が「人生における大損」である。

まとめ:まず試しに家づくりを始めてみるべし。最終的に「一戸建てが欲しい!」と思えば買えばいい

まとめ

まず、「独身一人暮らし=ずっと賃貸」という悪しき固定概念は、生ゴミの日に自治体指定のゴミ袋に入れて、ゴミステーションに端からきちんと並べて、カラス・動物よけのネットをしっかりかけておくべきである。

少しでも「一戸建てで自由に暮らしてみたい」「老後のためにも家が欲しい」「賃貸に住み続けるのはいやいやだわ」という想いがあるのなら、「試しに家づくりをやってみる」ことをおすすめする。

とはいえ、家を本当に買う予定もないのに、いきなり住宅展示場やハウスメーカーのオフィスを訪れるのは気が引けるだろう。
とりあえずは、ネットを使って無料で使えるサービスを利用してみることだ。

手軽なのは、この2つの方法。
様々なハウスメーカーのカタログだけをまとめて取り寄せられる「カタログ一括請求サービス」を使う方法。
家づくりのスタートは、誰でもハウスメーカーのカタログ集め。それらを眺めてみるだけでも、気分は高まる。

もう一つの方法は、「無料間取り作成サービス」の活用。
自分だったら「こんな家に住みたい」という希望を申込みフォームに記入して送ると、間取りプランや資金計画をまとめた資料を送ってくれる。
実際に家を建てると、どんなプランでどのくらいの費用がかかるのかが予想できるので、シミュレーションとしては最適である。

最初から、可能性を捨て去るのは、愚かなこと。
「自分に一戸建てなんて、ないない」などと決めつけず、人生の選択肢の一つとして頭の片隅に置いておくべきだ。

あなたが住みたい家は、どのタイプの間取りですか?

毎月平均2000組以上の「これから家を建てたい皆さん」が利用している無料の間取り作成サービスをご紹介します!

2〜3階建ての新築一戸建てを建てたい(下部)
大手ハウスメーカーで家を建てたい(下部)
暮らしやすくコンパクトな平屋住宅を建てたい(下部)
二世帯住宅を建てたい(下部)
ローコスト住宅を建てたい(下部)
カタログを取り寄せる(下部)
中古住宅を安く買ってリフォームしたい(下部)リアリエ下部
外構や庭をつくりたい(下部)

さあ、楽しい家づくりを始めましょう!

-テクニック
-, , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2019 All Rights Reserved.