平屋の家

1人暮らしの独身女性が平屋の新築一戸建てを買って何が悪いという話

1人暮らしの独身女性が平屋の新築一戸建てを買って何が悪いという話

独身、一人暮らしなら賃貸が当たり前という常識は捨てたほうが良い。
都会に住んでいて利便性を特に重んじるという場合はマンションが最適だが、土地が安価に買える地域や郊外、それこそ田舎であれば、家賃と同額の支払いで住宅ローンが組める訳で、賃貸も一戸建ても経済的な負担はそれほど変わらない。

はっきり言って、独身の男は総じて「よし、家を買おう」などと人生を冒険する勇気を持ち合わせていない。そんなことができるのなら、さっさと結婚して家庭を持ち、妻が気に入った家を購入させられているだろう。

わたしの理想の間取りプランを作ってみたい!

1人暮らしの女性なら平屋の一戸建てが最適な理由

「独身だけど新築一戸建ての家を買う」というある種、現代の勇者的行為は、肝の座った女性にしか出来ない芸当である。
だからこそ、独り身を謳歌する「おひとりさま」の女性には、ぜひとも家を建て、心も暮らしも自由になって、人生をより楽しんでいただきたいのである。

女性の一人暮らしにオススメな家は、やはり平屋だろう。広さ、間取り、収納スペースなど、ゆとりを持ってプランニングしても1階建てで十分。平屋+一部ロフトというのは考えられるが、2階建ては必要ない。

コンパクトで生活動線がシンプル、暮らしやすくメンテナンスもしやすい平屋は、独身女子の心のオアシス、自由を謳歌できる自分の城、長い人生のパートナーたる終の棲家として最適である。

マンションと一戸建て平屋のメリット・デメリット。特に防犯面と騒音面

マンションと平屋の一戸建てを比べれば、もちろん、それぞれメリット・デメリットはある。
一番大きいのは、防犯面と騒音面だろう。

一戸建ては、出入り口が多く、当然マンションのオートロックのような機能はないので、外部からの侵入は比較的たやすい。
女性の一人暮らしだから狙われるということもあるかもしれない。
ただ、マンションのオートロックやセキュリティが万全かといえば、そんなことはなく。同じマンションに住む住人に襲われたりといった被害も多々ある訳で、「一戸建てがマンションに比べて、ものすんごく危ない」ということではない。
当然のことながら、一戸建てに女性が1人で暮らし、平和で幸せな生活を送っている例はたくさんある。もちろん、幸せでない人もいるだろうが、世の中そういうものである。

次に騒音面だが、マンションは上階の足音などは気になるが、基本的に騒音は少ないだろう。対して、一戸建ての場合は周囲の環境や、窓、外壁の遮音性にも大きく左右されるが、騒音が入ってくる可能性はマンションより高まる。
だが、一戸建て自体の遮音性は、ハウスメーカーの努力により、日々改善されているし、世の中には当然「音」があふれているのだから、静かな時もあれば、騒々しい時もある。
それが自然なのだから、あまり深刻になる必要もない。

防犯面も騒音面も、生活をする上では重要な要素ではあるが、一番大切なのはあなたが「一生家賃を払い続けて賃貸住宅に住みたいか、もしくは自分の家を購入して暮らしたいか」どちらの人生を選びたいかということである。

「自分の持ち家に住みたい」という情熱があるのならば、様々な問題も当然、クリアしていけるだろう。

15坪の平屋間取り
平屋の間取り【15坪】狭小住宅は快適?/18坪・20坪・25坪と比較してみる
平屋の間取り【15坪】狭小住宅は快適?/18坪・20坪・25坪と比較してみる

続きを見る

コンパクトな小さな家でシンプル生活をしたいなら「狭小住宅=スモールハウス」もおすすめ

マンションのような間取りでコンパクトでシンプルな生活を営みたいなら、「狭小住宅=スモールハウス」もおすすめ。

家自体は決して広くはないが、欲しいものにすぐ手が届くコンパクトなスペースで、シンプルに暮らすのであれば必要十分。日中は家にいないので、夜や休日にゆっくり過ごせれば十分という方にも最適だろう。

もちろん、小さな家なので「家を建てる費用が安く済む」というメリットもある。

こちらも注目
狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活
狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活

続きを見る

結婚せずに自由に生きて何が悪い?一人暮らしを楽しむなら一戸建て

「50歳の男女で一度も結婚したことがない人の割合」を示すのが生涯未婚率。1990年には男女ともに4〜5%だった数値は、2015年の調査では男性23.4%、女性14.1%と大幅に上昇している。
「結婚しない人生」は間違いなく一つの確立された生き方として成立しているのである。

特に女性の場合、親や近親者、無神経な周囲の人間から「まだ結婚しないの」などと、余計なお世話の権化のような言葉を日々浴びせかけられて飽き飽きしているという方もおおかろう。そんなことは、お前に言われる筋合いはないという皆様のお気持ちは至極まっとうなものである。人生くらい好きに生きさせろと言いたい。

それと同じことが「家」にも言える。
独身の一人暮らし=賃貸という根拠のない常識がまかり通り社会のため、独身者が一戸建てを新築しようなどとすれば、「えー、うそーん、信じらんなーい」とか「まじで?やばくね?イタくね?」などと、容赦のない誹謗中傷、罵詈雑言、よからなぬ噂のネタにされてしまう。

ふざけるな、と声を大にして言いたい。
独身者の最大のメリット、それは「自由に生きられること」である。家族にも子どもにも、なんやかんやにも縛られず、自らのマイウェイをひたすらに突き進む。それが、ロンリーウルフたる独身者が神に与えられた至極の権利である。

だからこそ、独身者は賃貸マンションにちまちまと家賃など払うことはやめて、どんどん家を建てるべきなのだ。
人生に自由を、住まいにも自由を。
誰にも気兼ねなく、本当の意味で足も手も伸ばして自分の自由な時間を謳歌できる「一戸建て」という魔力。

お気に入りの外観に理想的な間取り、統一感のあるインテリア。
時間を氣にせず利用できるお風呂、深夜に掃除したって苦情のピンポンが鳴ることはない。
隣接する庭に小さなウッドデッキを伸ばし、友人を呼んでバーベキュー。
深夜までグラスを傾け、語らい、笑い合って、そのままお泊り。
賃貸の時には味わえなかった「家で過ごす充実感」をあなたは存分に味わえるだろう。

まず住宅雑誌やカタログをめくってみることから始めよう

「自分が一戸建てを建てるなんてありえないわ」などと思わず、まずは本屋で住宅雑誌を買ってみたり、ハウスメーカーからカタログだけでも取り寄せて読んでみたりと、簡単にできる「家活」から始めてみようではないか。

特に住宅カタログは「家に対する夢」がふくらむ内容になっているので、「家が欲しいけど...」と弱気になっている自分を奮い立たせてくれる、背中を押してくれるという意味では最適にアイテムと言えるだろう。

簡単に「無料カタログ取り寄せ方法」は、こちらの記事にまとめてあるので参考に。

関連記事
注文住宅のカタログ請求homes
注文住宅を建てるなら、まずはライフルホームズでハウスメーカーのカタログ比較。研究して知識を増やすべし!

続きを見る

まとめ:小さなきっかけが家づくりの始まり。あなたの「所有欲」を満たす最高の平屋を

まとめ

独身女性で家を建てたという方の多くが、「自分が家を建てるなんて思ってもみなかった」と感じている。

  • たまたま、あるハウスメーカーのパンフレットハウスメーカーのパンフレットを見る機会があって、一目惚れした。
  • 友人が建てた家を訪問して、自分も欲しくなった。
  • 知り合いに誘われてふらっと立ち寄ったモデルハウスにびびっときた。

などきっかけはたわいのないことばかり。
それで、家を建てるという一大事情を成し遂げるまで、突き進み続けられるのが女性の強さだろう。

ぜひ、少しの勇気を持って踏み出して欲しい。
あなたの人生をより豊かにしてくれるマイホームのある未来が、すぐ手の届くところで待っているのだから。

人生一度きり!さっそく家づくりを始めてみたい!

 

家づくり開始!
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

続きを見る

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

家づくり開始!
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

続きを見る

試しに記事を読んでみる

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

新築一戸建て

平屋

ローコスト

3階建て

二世帯

輸入住宅

高気密高断熱

木の家

狭小住宅

ZEH住宅

-平屋の家
-,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.