平屋の家

平屋の間取り【15坪】狭小住宅は快適?/18坪・20坪・25坪と比較してみる

平屋の間取り【15坪】狭小住宅は快適?/18坪・20坪・25坪と比較してみる

独身で一戸建てを希望されている方や、子育てが終わった後にゆったりと夫婦だけで暮らせるコンパクトな家を希望している方の場合、15坪程度の平屋建てを検討されていることも多いです。

建築費用が安く、階段の上り下りもない、ほぼ良い「狭感」が逆に暮らしやすいという考え方もありますが、実際の間取りはどうなのか?本当に快適に暮らせるのか?

面積を少しずつ大きくして、18坪、20坪、25坪の平屋の間取りと比較しつつ検証したいと思います。

平屋の間取り【15坪】狭小住宅①シンプルな四角い平屋1LDK。独身か二人暮らし用

平屋の間取り【15坪】狭小住宅①シンプルな四角い平屋1LDK。独身か二人暮らし用

【参考】デザイナーズハウス木屋(カタログ取り寄せはこちらから)

こちらはシンプルな15坪の平屋1LDK。
夫婦のみ、もしくは一人暮らし用の一戸建てです。
中央に玄関があり、ホールを中心にトイレ、寝室、リビングと3方向に分かれている。
ホールがあることで、それぞれの部屋の生活音が漏れ聞こえにくくなるのは大きなメリットです。
お風呂もリビングと分かれていればベストですが、15坪という面積を考えると、致し方ないところでしょうか。

LDKは14帖。対面型のキッチンで床下収納もついています。
キッチンの後ろが洗面脱衣室になっており、水回りをまとめるという家事導線の基本ポイントは抑えてあります。
しかし洗面脱衣室がある分、壁面が少ないのでキッチン収納の確保をしっかり考える必要があるかもしれません。

寝室は6帖で大きめのウォークインクローゼットが隣接しています。
この間取りでは他に収納がないのですが、それではどう考えても収納力不足なので、建物を横断する形で広い小屋根裏収納がついています。
狭小住宅の平屋にとって収納の少なさは大きな弱点なので、縦空間にスペースを広げることができる屋根裏収納は、ぜひとも活用したいオプションですね。

平屋の間取り【15坪】狭小住宅②シンプルライフで3人暮らしも可能だが、収納力が心配

平屋の間取り【15坪】狭小住宅②シンプルライフで3人暮らしも可能だが、収納力が心配

【参考】イエテラス(カタログ取り寄せはこちらから)

こちらは15坪の平屋2LDK。
部屋が2つになったことで、3人暮らしも可能になります。
玄関、ホール、トイレがひとまとまりになっており、ドアの奥にLDK14帖。
こちらも対面キッチンのスタイルですが、お風呂は玄関側にまとまっています。
洋室が2つあり、それぞれにクローゼットはありますが、屋根裏収納やロフトなどの設定がないので、収納力はやはり低いといわざるを得ません。
一般的なアパートのような間取りですが、シンプルライフを送るには「無駄」がなく、合っているのかも知れません。

15坪の平屋がどんな間取りになるのか、だいたいイメージができたかと思います。
やはり15坪という狭さですと自由度は極端に低く、同じような間取りになってしまうことは否めません。

では、15坪から少しずつ広くなっていったらどういう間取りが可能になるのかを検証してみましょう。

平屋の間取り【15坪と18坪の比較】③シニア夫婦の暮らしを想定して、生活動線を短くする工夫

平屋の間取り【15坪と18坪の比較】③シニア夫婦の暮らしを想定して、生活動線を短くする工夫

【参考】都市工房(カタログ取り寄せはこちらから)

こちらは子育て終了後のシニア夫婦の暮らしを想定して作られた18坪・平屋の間取りです。
家事導線・生活導線をなるべく短くして、暮らしやすさを重視してる点が特徴。

玄関ホールは広めに設定。すべての扉を引き戸にしてあります。
キッチンはスペースを有効に使うための壁付けキッチンタイプ。
隣接するリビングは和室になっており、引き戸を開けることでダイニングキッチンと一つながりのLDKにすることもできます。
すべての部屋とホールをつなげることで回遊性を高め、導線を短くしています。
収納は和室らしく押入を中心にクローゼットも併用。
階段のない平屋のメリットを存分に活かした「余計に動かなくても暮らせる家」となっています。

平屋の間取り【15坪と20坪の比較】④好みに合わせて形を変えることで様々なスタイルが可能に

こちらは20坪平屋の間取りです。
同じ大きさでも形を変えることで、スタイルが多様に変化する事例としてご紹介します。

I型/住友林業20坪の平屋間取り

I型/住友林業20坪の平屋間取り

【参考】住友林業(カタログ取り寄せはこちらから)

東西に細長い長方形とすることで、南に大きな窓を設置することができる間取りです。
南に大開口の窓とウッドデッキ・テラス、そして芝生の庭!というイメージが容易に想像できる平屋の間取り。
リビング、寝室ともに暖かい陽光が降り注ぎ、明るい家になりますが、夏は少々暑いかも。
洗面室に2方向からアクセスできるようにして、さらに勝手口を作ったことで家事導線が非常にスムーズになるよう工夫されています。
デメリットとしては、北玄関になるので、涼しいですが、一年中薄暗くなります。

L型/住友林業20坪の平屋間取り

L型/住友林業20坪の平屋間取り

【参考】住友林業(カタログ取り寄せはこちらから)

こちらはL型の平屋。
南玄関となり一転して明るいエントランスホールになります。
南向きの窓は残しつつ、庭をつくり、L型にすることで外からの視線を遮ることができるようになるのが大きなメリットです。
リビングダイニングは対面キッチンで、勝手口あり。
そこから洗面室、バスルームと一直線に並べることで家事導線をシンプルにしています。
またホールから洗面室へのドアを設置することで、「帰宅後すぐに手洗い」という生活導線をつくることができます。

コの字型/住友林業20坪の平屋間取り

コの字型/住友林業20坪の平屋間取り

【参考】住友林業(カタログ取り寄せはこちらから)

こちらは「中庭のある家風」の間取りが作れるコの字型の平屋。
コの字の中心から、各部屋が伸びていく構成になっていて、採光と通風の両面でメリットがあります。
玄関は北側ですが、中庭部分とも面しているので、南からの陽光が入りやすく「明るい北玄関」になります。
キッチンとお風呂が離れてしまうというデメリットはありますが、広めのホールと中庭部分を活用することで、家事、特に洗濯についてはやりやすくなると思われます。

平屋の間取り【15坪と25坪の比較】⑤部屋数も増えて3人暮らしでも余裕のスペース

平屋の間取り【15坪と25坪の比較】⑤部屋数も増えて3人暮らしでも余裕のスペース

【参考】サンクスホーム(カタログ取り寄せはこちらから)

こちらは25坪の平屋の間取り。
当初の15坪から10坪増えると間取りはどのように変わるのでしょうか。

L字型の平屋になります。
間取りの雰囲気としては「マンション」のような作り。
玄関を入ると、ファミリーにはうれしい土間収納があります。
15坪の間取りでは考えられなかったオプションです。
ホールから廊下の途中にメインの寝室とトイレ。
ドアを開けると15.8帖のLDKとなります。
対面キッチンで、キッチンの脇に広めの洗面脱衣室。こちらには勝手口がついており、庭の洗濯物干場につながっています。

洋室は5帖と狭めですが、子供部屋や書斎としては十分な広さ。
他に、リビングと一体型になる畳コーナーもあるので、子どもが小さいうちの遊び場や居室、勉強部屋として活用できそうです。

10坪の狭小住宅
狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活
狭小住宅の間取り【5タイプ】10坪のスモールハウスでコンパクトな快適生活

続きを見る

まとめ/15坪の平屋は可能だが、快適性と収納力を考えるとおすすめはできない

確かに、15坪の平屋は可能ですが、自由度は低く、単身であれば問題ありませんが、夫婦二人で暮らしても「狭い」と感じることが多いと思います。
15坪のメリットは、建築費用が安く済むことだとは思いますが、もう少し広く設定することで、格段にできることは増え、生活の快適さも増すことは確実です。

15坪で平屋を検討されている方は、予算なども考慮しつつ、20坪、25坪の間取りも併せて考えると良いでしょう。

複数のハウスメーカーに話を持ちかけて比較することで、新しい発見やアイデアも出てくると思います。

コンパクトな平屋の間取りを試しに作ってみる

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

家づくり開始!
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

続きを見る

試しに記事を読んでみる

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

新築一戸建て

平屋

ローコスト

3階建て

二世帯

輸入住宅

高気密高断熱

木の家

狭小住宅

ZEH住宅

-平屋の家
-, , ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.