二世帯住宅 間取りプラン

【50坪】二世帯住宅の間取りプラン4種類。共有スペースが多い部分施設共有タイプがメイン

【50坪】二世帯住宅の間取りプラン4種類。共有スペースが多い部分施設共有タイプがメイン

二世帯住宅の一戸建て住宅は、「各世帯がどのくらいスペースを共有するか」で間取りが大きくことなります。
ほとんどの部分を共有するタイプであれば、50坪の二世帯住宅でも平屋は可能です。

50坪の二世帯住宅の場合、玄関やお風呂などを各世帯共有にする部分施設共有タイプが多くなります。玄関ホールを世帯別に分けた「同一建物内独立タイプ」にするならば、3階建て以上が理想でしょう。

各ハウスメーカーが実際に建てた、またはプランニングした2階建て、3階建ての「50坪の二世帯住宅間取りプラン」を見てみましょう。

無料でつくる二世帯住宅間取りプラン

50坪の二世帯住宅間取り①中庭が特徴的な三世帯同居の平屋【大和ハウス】

50坪の二世帯住宅間取り①中庭が特徴的な三世帯同居の平屋【大和ハウス】【参照】大和ハウス(カタログ取り寄せはこちらから)

ひいおばあちゃん+夫婦+娘夫婦+子ども2人という3世帯同居を実現している驚異の平屋建て住宅をご紹介します。
敷地面積:433.05m2(130.99坪)
延床面積:184.01m2(55.66坪)

大和ハウスの鉄骨系(ジーボ)が得意とする高い天井と広い空間を最大限に活かした平屋の間取りです。
玄関やLDK,風呂などを各世帯が共有する全施設共有タイプ。
特徴的な中庭が回遊性を高め、生活動線を快適に。高齢のおばあちゃんが歩行器でスムーズに歩けるよう、廊下も広くとってあります。

ダイニングの上には陽光が降り注ぐ吹き抜け、リビングには大開口サッシの窓が取り付けられていて、芝生を敷き遊具を置いたお子様お気に入りのお庭が眺められます。

大家族で暮らす場合問題となるのが収納。
キッチンは特に豊富な収納スペースを確保し、外からモノが見えないよう、壁面収納に食器、家電、冷蔵庫などもすべてを収め、その他の物品に関しては隣接する広いパントリーにまとめました。

キッチンから洗面スペースへダイレクトに移動できるようにして、家事動線を快適にする工夫もされています。

50坪の二世帯住宅間取り②各世帯の距離感を大事にした部分施設共有タイプ【泉北ホーム】

50坪の二世帯住宅間取り②各世帯の距離感を大事にした部分施設共有タイプ【泉北ホーム】
50坪の二世帯住宅間取り②各世帯の距離感を大事にした部分施設共有タイプ【泉北ホーム】

【参照】泉北ホーム(カタログ取り寄せはこちらから)

延床面積159.82m2(48.35坪)

こちらは施主様からこんな要望をいただいて建てられた二世帯住宅です。

  • 各世帯のプライバシーを守り、生活音に配慮した間取り
  • 収納スペースをたっぷりとりつつ、生活動線と収納位置のバランスをとる
  • 家族のふれあいも大切にして、「二世帯住宅らしさ」も感じられる家

玄関は共用で、1階は共用スペースと親世代の居室。2階が子ども世代のスペースになります。
それぞれの生活音が気にならないようにするために気をつけるのは①水回りと②上下の部屋の位置関係です。2階の水回りが1階の居室と重ならないように配慮。子ども部屋と各階のLDK,寝室の位置を調整して、どの部屋にいてもそれぞれの生活音が気にならないような間取りになっています。

二世帯分の収納を確保するため、様々な場所に細かく収納スペースを設置。家族が増えると靴や傘の数も当然増えますので、玄関横には広めのシューズクロークを用意しました。

それぞれのLDKに設置したカウンタースペースは、奥様の家事スペース、お子様の勉強スペース、ご主人の書斎スペースと、様々な用途で利用が可能です。

1階の中心部分に家族団らんルームとして和室を設定。一緒にご飯を食べたり、孫と遊んだりと、家族のコミュニケーションの場として活用できます。

50坪の二世帯住宅間取り③共働き夫婦を元気な親世帯がサポートする仲良し二世帯【セキスイハイム】

50坪の二世帯住宅間取り③共働き夫婦を元気な親世帯がサポートする仲良し二世帯【セキスイハイム】
50坪の二世帯住宅間取り③共働き夫婦を元気な親世帯がサポートする仲良し二世帯【セキスイハイム】

【参照】セキスイハイム(カタログ取り寄せはこちらから)

延べ床面積:164.23㎡(49.7坪)
基本的には、玄関や風呂などは各世帯が一緒に使う「部分施設共有タイプ」ですが、2階の子ども世帯にも「シャワールームや洗濯機スペース」があるユニークな二世帯住宅の間取りです。

共働きで忙しい子ども世帯を元気な親世帯がサポートするというコンセプト。玄関を入ると、家族団らんの場である共有のリビングとそこにつながる和室。リビングの横には親世帯の寝室と共有のお風呂、洗面スペースが並びます。

共働きなので、昼間、家をメインで使うのは親世代。子どもが学校から帰ってきたら、この1階部分をメインに、おじいちゃん・おばあちゃんと過ごします。キッチンもリビングで遊んでいる子どもに目が届くよう、対面型をセレクト。

帰りが遅くなることも多いご夫婦の生活スタイルを考え、2階にもシャワースペースを設置。さらに1階に生活音が漏れない工夫もしつつ、ベストな位置に子ども世代専用の洗濯機スペースを用意して、夜遅くなっても気兼ねなく洗濯ができるようになっています。
広めのバルコニーもあるので、洗った洗濯物はそのまま2階に干すことができます。

50坪の二世帯住宅間取り④四角くシンプルにまとめた3階建ての同一建物内独立タイプ【ミサワホーム】

50坪の二世帯住宅間取り④四角くシンプルにまとめた3階建ての同一建物内独立タイプ【ミサワホーム】
50坪の二世帯住宅間取り④四角くシンプルにまとめた3階建ての同一建物内独立タイプ【ミサワホーム】
50坪の二世帯住宅間取り④四角くシンプルにまとめた3階建ての同一建物内独立タイプ【ミサワホーム】

【参照】ミサワホーム(カタログ取り寄せはこちらから)

延べ床面積:52坪。
敷地面積がそれほど広くなくても建てられるシンプルな四角い3階建てのの二世帯住宅。玄関や居住スペースなど、ほとんどの部分を各世帯で独立して生活する同一建物内独立タイプです。

1階は親世代の居室。
和風が好みという要望を取り入れて、キッチンにつながるダイニングスペースも寝室も畳の和室に。他に3帖の書斎スペースが設置されています。

2階と3階は子ども世帯の居室スペース。
玄関は外階段から入るタイプで、1階と2階をつなぐ内階段はありません。
2階はLDKと水回りを集中させた生活スペース。
3階は余計な廊下をなくして、部屋を大きくとりました。
3部屋のうち1部屋は、後から2部屋に区切れるよう、ドアが2枚ついています。

限られたスペースを最大限に活かし、2世帯の大家族でも快適に暮らせるよう工夫したシンプルな3階建て二世帯住宅です。

玄関やお風呂、LDKなどを各世帯別にした完全分離型の二世帯住宅については、こちら「二世帯住宅/完全分離型の間取り【魅惑の8パターン】」にまとめてありますので、合わせてどうぞ。

完全分離
二世帯住宅/完全分離型の間取り【魅惑の8パターン】親子孫三世代が気兼ねなく暮らせる家
二世帯住宅/完全分離型の間取り【魅惑の8パターン】親子孫三世代が気兼ねなく暮らせる家

続きを見る

まとめ/50坪の二世帯住宅は、「各世帯でどこまでスペースを共有するか」が間取りプランニングにおいて重要

今回のまとめ

50坪の二世帯住宅の場合、玄関やお風呂などすべてのスペースを2つ用意した「完全別離タイプ」はなかなか作りづらい状況になります。
そこで、各世帯が「どこまで施設を共有し、どういった生活スタイルを目指しているか」が間取りプランを作成する上で重要になるでしょう。

各世帯がコミュニケーションを密にして、まさに「同居した暮らし」を望むのであれば、共有施設を一つにして、各部屋を広くとることができます。
それぞれのプライバシーを重視して、生活スペースを分けるとすれば、「どこからどこまでを共有にするべきか」を家族で良く話し合い、それをハウスメーカーに伝えて最適なプランニングをしてもらいましょう。

50坪・二世帯住宅の間取りを作ってみる

面積別の二世帯住宅間取りプランをまとめました

【60坪】二世帯住宅の間取りプラン4種類。玄関分けた独立タイプが主流
【50坪】二世帯住宅の間取りプラン4種類。共有スペースが多い部分施設共有タイプがメイン
【40坪】二世帯住宅の間取りプラン4種類。理想の暮らし方に合わせて多様なスタイル
【30坪】二世帯住宅の間取りプラン4種類。家事動線・生活動線をいかに整えて快適にするかがポイント
二世帯住宅/完全分離型の間取り【魅惑の8パターン】親子孫三世代が気兼ねなく暮らせる家
ローコストの二世帯住宅間取り【5パターン】大手ハウスメーカーと違いがある?

二世帯住宅の間取り【基本の4パターン】家族のつながり具合で変わります。

二世帯住宅の間取り【基本の4パターン】家族のつながり具合で変わります。

二世帯住宅はその生活スタイルによって、4つのタイプに分けられます。その間取りパターンとそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

二世帯住宅の間取りパターン①全施設共有タイプ

二世帯住宅の間取りパターン①全施設共有タイプ
二世帯住宅の間取りパターン①全施設共有タイプ

【参照】トヨタホーム(カタログ取り寄せはこちらから)

寝室や子ども部屋など、それぞれの個室以外のほとんどの空間を二世帯家族で一緒に利用するタイプの二世帯住宅です。
食事は基本的に同じダイニングで行い、お風呂や洗面、玄関も共用です。
各世代の生活動線が交差し、家族の全員の顔がよく見える、コミュニケーションのしやすい間取りになります。
子育て世帯の場合、シニア世代が育児に積極的に関わっていく場合も多く、家族全体で子どもを見守っていく上では、最適な二世帯住宅の間取りタイプと言えるでしょう。

二世帯が完全に一つの家族として生活しますので、生活費や光熱費などがまとめられて効率的。家事や子育てを協力して行うことで、それぞれの負担を軽減できます。

デメリットは、お互いの距離が近いので、小さな不満が積み重なってストレスがたまると、関係がギクシャクして暮らしづらくなる心配も。
嫁姑問題は、いつの時代も深刻です。

二世帯住宅の間取りパターン②部分施設共有タイプ

二世帯住宅の間取りパターン④完全建物分離タイプ
二世帯住宅の間取りパターン④完全建物分離タイプ


【参照】トモニハウス(カタログ取り寄せはこちらから)

隣接した敷地の中にそれぞれの世帯で別々に建物を建てて暮らすタイプです。

各世帯で、「ほどよい距離感とプライバシー」を保ちながら、共同生活を営むための二世帯住宅間取りタイプです。
玄関やキッチン、お風呂、トイレなどの部分を共有しながら、それぞれの居住スペースは独立して確保。共有のリビングスペースなどを用意して、家族全体の団らんをする時間も作れる「お互いに気を使い過ぎない」ための二世帯住宅です。

玄関、キッチン、お風呂などを2世帯分用意すると、その他の居住スペースは狭くなりますし、もちろんコストも掛かります。
プライベート空間はしっかり確保しつつ、共有する部分もうまく活用していくことで、お金の面でも生活の面でも「プラス要素」を増やすことができます。
程よい交流とプライベート、生活面での助け合いもできるという意味で「もっとも無難でトラブルの少ない二世帯住宅」と言えるかも知れません。

二世帯住宅の間取りパターン③同一建物内独立タイプ

60坪の二世帯住宅間取り③親世帯+夫婦+子ども一人家庭のゆったり暮らす独立タイプ【トヨタホーム】
60坪の二世帯住宅間取り③親世帯+夫婦+子ども一人家庭のゆったり暮らす独立タイプ【トヨタホーム】

【参照】トヨタホーム(カタログ取り寄せはこちらから)

玄関から世帯別に分けることで、それぞれのプライベートな空間を大きく確保します。キッチン、お風呂、トイレなどは世帯別に専用のものを設置し、基本的には同じ建物内でそれぞれが自分たちのライフスタイルや生活習慣にあった形で暮らすことになります。
仕事の勤務時間の関係などで、世帯ごとの生活時間が合わなかったりといった場合でも、ストレスなく対応することが可能です。

最も大きなメリットは生活スタイル・サイクルの違いを気にせず暮らせるということでしょう。夜勤のあるパパやママと早起きが日課のおじいちゃんでは、1日の過ごし方は大きく異なります。
基本的には同じ家の中で別々に暮らし、別途用意した共有スペースで「世代間の団らん」も楽しめるので、二世帯住宅特有の「気遣い疲れ」はあまり感じなくて済むでしょう。

二世帯住宅の間取りパターン④完全建物分離タイプ

二世帯住宅の間取りパターン④完全建物分離タイプ
二世帯住宅の間取りパターン④完全建物分離タイプ

【参照】トヨタホーム(カタログ取り寄せはこちらから)

隣接した敷地の中にそれぞれの世帯で別々に建物を建てて暮らすタイプです。
完全に自立した別々の生活を送りつつも、同じ生活圏で暮らしていますので、お互いの連携やサポート体制は作りやすくなります。
共働きなので、シニア世代のサポートは必須、親世代に介護が必要といった「家庭の事情」にも対応しつつ、「干渉し過ぎない距離感」を保ちながら生活することができます。
建物が完全に別れている場合もありますし、通路などで建物をつなげ、行き来ができるようにする間取りもあります。

親の持っている土地、実家の土地の中に息子・娘世代が新居を構えるという場合は、このスタイルが多いかも知れません。
シニア世代の中にも、「子どもたちと一緒の家で同居はちょっと息苦しい。お互い自由に暮らしたい」と考える方もたくさんいます。
そういう場合は、完全に建物を分けた方が、メリハリのある生活と協力関係が気づけるという点で大きなメリットがあるでしょう。

無料でつくる二世帯住宅の間取りプラン

まずはこの記事を読んでみてください

新築一戸建てが欲しい!これから家づくりを始めたい!そう考えている皆さんに、まず読んでいただきたい「家づくりの最初にやるべき5ステップ」を分かりやすくまとめました。必ず理想のマイホームを完成させる上で重要な内容となっておりますので、まずはこちらをご覧いただければと思います。ぜひ!

家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

家づくり開始!
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】
家を買う手順と流れ。絶対にやるべき5つのステップ【完全保存版】

続きを見る

試しに記事を読んでみる

あなたが建てたいのは、どんな家ですか?

メテオ
新築一戸建てを建てるなら必ず手に入れておきたい間取りプラン作成やハウスメーカーのカタログ取り寄せサービスをご紹介します!

理想の間取りプラン

なるべく安く

新築一戸建て

平屋

ローコスト

3階建て

二世帯

輸入住宅

高気密高断熱

木の家

狭小住宅

ZEH住宅

-二世帯住宅, 間取りプラン
-, ,

Copyright© 一戸建て家づくりのススメ , 2020 All Rights Reserved.